こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
乗り遅れ、再び?!


火曜日のこの時間。。。

そうです、バスに乗り遅れました。

思いがけないカフェタイム。

だけど、コーヒーはおいしいし、
バックミュージックはJAZZで、
なんだかゆるりと和む時間。

周りがオバちゃんばっかりなのが
またいい。

日本は世界の中では、
まだ本当に平和なのだ。

ありがとう。

気持ちを取り直して、
お茶のお稽古へ、GO!
こまめ君、見参!
 
福島市「寿建設」さんのキャラクター、
こまめ君のイラストを何点か描かせて
いただきました


納品した三日後には、
もう現場で使ってくださったそうで、
上記の写真を送ってくださいました


嬉しいな〜♪


みなさんが、もし路上で見かけることが
あったら、ラッキーデーの始まりに
なるかも!?



ちなみに、こまめ君は、
クマでも、犬でもありません。


「もぐら」です


もともとは寿建設の社長さんが
ご自身で作られたキャラクターです



しかし、
社長さんのユニークで味のある
こまめ君に比べると…

私のは、ちょっとお行儀がいい
こまめ君になってしまったかナ!?

でも、自分でも
とても気に入っています

これから、
いろんな場所に出没するであろう
こまめ君、どうぞ楽しみにしていて
くださいね!


名前の由来がまた良くて、
会社の行動原点「こまめ」
(すぐにやる、きちんとやる、
ずっとやる)から来ているんだそう


確かに、社長さんも、社員さんも、
ユニークで、「こまめ」!?



こまめ君、これからも
現場を全力で見守ってね


JUGEMテーマ:福島県何でも情報
道明寺(^o^)


地下鉄が止まって、バスに
二台乗り遅れ、バス停でボーゼン。

次のバスまで20分あるので、
とりあえず、道明寺買いました。

桜の香りが最高♪

ショーゲキのブレイク


いわきには、
美味しいホットサンドの
お店があるということで、
楽しみにしていました。


それを食べるために、
わざわざ一本早い電車に
乗ったほどです。


駅前で、お店の地図を
携帯で見ていたら…

「や、や、どーも、どーも!」

と声がかかってビックリ!!


あれ!?
東京では、
しょっちゅうお会いしている
鹿ぴーさんではありませんか!


まさか、いわきでも、
バッタリお会いするなんて…

これはもう、
「強制連行」しかありませんっ




ということで、
喫茶「ブレイク」へ強制連行です♪


写真では、分かりにくいと思いますが、
運ばれてきた瞬間、

「あっっっ!!」

「わっっっ!!!」

思わずのけぞりました。


予想をはるかにしのぐ
ボリューム…


実は私、車中で、すでに
軽〜く朝食を済ませていました。

だから注文する前は、
「お腹すいてない…う〜ん。
 コーヒーだけにしようかな?」
なーんて、せせこましいことを
言っていたのです。


鹿ぴーさんも同じだったようで
「私はホットに決めています!」
 (キラーン
みたいな感じでした。



でも…

でも…

福島の友人もすすめてくれていたし、

話のネタにどうしても食べてみたい!


そこで、鹿ぴーさんに
「半分食べてください、お願い!」
と頼み込んで、
一皿だけオーダー♪

そしたら、
デデ〜ン!! きた〜ぁ


いや〜、よかった、
一皿にしておいて(≧▽≦)

マヨネーズもたっぷりで
とても美味しかったです。

でもゴメン…

お腹いっぱいで、耳は
残しちゃいました


お店の方がお皿を下げるとき
「全部食べられなくてスミマセ〜ン」
と謝ったところ、
お店の方はニッと笑って
「いいえぇ」と。


やはり、この手の客には
慣れていらっしゃる!?


本当はお腹がすいていたら、
パンの耳だけでも、
ハチミツをつけてかじって
みたい所でした。
カリカリ香ばしい感じ♪で、
美味しそうでしたよ。



(おじさん? それともおばさん?! ゆるカワ〜♪)

いわき、すてき、でした。

朝から、お腹がパンパンに
ふくれあがり、良ひ思ひ出に♪


皆さんも、いわきに行ったら、ぜひ!
お腹をすかせて行ってみてください。
土日も営業されているそうです。


JUGEMテーマ:グルメ
多様性



東京の路地裏を歩いていると、
家やマンションがぎっしりあって、
「どこまで行っても、人って
いっぱい住んでいるんだなぁ」
と、毎回、しみじみ感心します。
(もっとも今の東京は、
10軒に一軒は空き家だそうですけど)


今日は、いわきに向かう列車の
車窓から、
ずっと外を眺めているのですが、
やっぱり、同じことを思っています。


東京を離れるにつれ、
家の造作が大きくなり、
屋根なども立派になっていきますが、
どこまで行ってもお家があり、
遠くの丘の上のほうまで連なっていて、
それぞれが、それぞれの家に住んで、
それぞれの人生を
(平均寿命からすると82.5年間の人生を)
生きているんだなぁ、と思うと、
その多様性にクラクラします。


東京に住んでいると、
車は必要性がないけれど、
あの丘の大きなお家に住んだら、
駅まで遠そうだし、
家族全員に、それぞれ車が
必要になるのかしら…


常識も生活もみんな違う。
日本の中だけでも、ものすごい多様性。
これが世界に出ると、
もっと多種多様になっていく…

やっぱり地球ってすごい。
多様性の固まりを
載っけて回転しているんだな。


車窓の風景を見ながら、
そんなことを延々考えてます。

旅の途上ならでは?

たまには…いいものですね(^。^)


足利、良かった〜(*^o^*)

足利は、栃木から30分くらい電車に乗った
ところにある町

ちょうど紅葉がキレイで、
足利尊氏の祖先、氏宅のふるさとのお寺や、
伊藤博文や山形有朋などを招いた豪商の邸宅、
日本最古の学校「足利学校」もあって、
町のこじんまりとした佇まいに、
とても風情がありました


栃木も、足利も、
関東からの小旅行にピッタリです!

でもおそらく、多くの方にとっては、
「栃木? それは県庁所在地だっけ?(本当は宇都宮)
 足利? えーっと、それってどこ?」
と、あまり知られていない
穴場中の穴場だと思うのです。
(実は私も行ってみるまでそうだった!)
 
でもここは、
東京からなら、日帰りも十分可能な
風情ある「むかし町」です

もしどこに行こうか迷ったら、ぜひ! 
オススメです


栃木のおたすけ蔵
20121202_108019.jpg


蔵を使った美術館(*^o^*)
この蔵は飢饉のとき、
庶民のために蔵を開けて
お宝を放出したそうで、
「おたすけ蔵」と呼ばれているそう



栃木県の栃木
20121202_108018.jpg

朋友と一緒に、
久しぶりの小旅行です。

写真はうずま川

川に恵まれた栃木の町は、
昔の宿場町でもあり、
交通や商業の要所だったため、
商人の町といわれ、
豪商がたくさんいたそうです

蔵もたくさん建っていましたヨ

   →栃木市観光案内


起点、終点、またいつか♪



お決まりの写真になってしまいますが、 
せっかく10月1日に東京駅に帰り着いたので、
一応撮っておきました♪



干支のレリーフのドームの下

人っこ一人、写っていないけど、
このドームの下には、
私のような携帯撮影隊が、それはもう
わんさかいて、
ひっきりなしに
あおむいて撮影しているのですヨ



こちらは、
サチボンお気に入りのCG画像

絵は、ドームの形が以前のままだけど↑
このあともアニメが続いて、
だんだん絵が変わっていくのかな?

次に来たとき
ゆっくり見て、確認してみましょ




本当は、丸ビル5階まで行けば、
ドームの屋根までキレイに撮影できるんですけど、

今日は
デジカメは壊れちゃったし、
旅の疲れもあり…で、
屋根無しでご勘弁を


でも…おめでとう♪東京駅♪

この駅は、数ある駅のなかでも、
いちばん好きな駅です。

だから、やっぱり嬉しい!


またここから、いっぱい、
旅に出かけましょうネ♡


JUGEMテーマ:モブログ
標高940m! 


以前、長野県の安曇野市に行ったとき、
標高550mでしたが、
ものすごく日焼けしてしまい、

以来、
「標高の高いところに行くときは、
 UVケアをいつも以上に気をつけよう!」
が私の合い言葉になっちょります


軽井沢は、駅の標高からして、
すでに940m…

かなり気をつけなくっちゃ!




今日は、昨日の台風のおかげで、
お日さまの照射、ものっすごかった☆

サングラスも重宝しました