こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 悲しい焼きそば♪ | main | 皇居の菖蒲田 >>
大久保利通公哀悼碑

赤坂見附の
ホテルニューオータニの前に、
「清水谷公園」という
公園があります。

美しい清水が湧き出るので、
この地名になった訳ですが、
ここは、幕末、
「桜田門外の変」で暗殺された、
大老井伊直弼さんの、
彦根藩「中屋敷」があった場所
でした。

では、
碑に刻まれているのは、
井伊直弼の名前なのかと言えば、
実はそうではありません。

刻まれている文字は、
「右大臣大久保公哀悼碑」
とあります。

右大臣大久保公とは、
大久保利通さんのこと。

彼は、維新後、
内務大臣となって
政治の中心をになっていましたが、
この近くにあった自宅に帰る途中、
廃刀令に恨みを持つ士族の人たちに
この場所で馬車を襲撃され、
暗殺されました。


大久保利道さんといえば、
薩摩藩出身。

西郷隆盛の盟友で、
共に維新のために働き、

のちに意見の違いから、
西郷さんとも袂を分かち、

西南戦争では結局、
西郷さんを追いつめる側に
立たざるを得ず、

そんなこともあって、
つい最近まで
故郷の人たちからも
快く思われていなかった
という経歴の持ち主です。

今は大河ドラマ「八重の桜」でも、
会津藩を追いつめる役回りに
なっていることもあって、
ど〜も敵にも味方にも、
西郷さんに比べて
人気がないというか、
損な役回りを引き受けているように
お見受けします。

実際には、
維新後の、めちゃくちゃに
なった日本を、
孤軍奮闘で、冷静に建て直し、
恨みを引き受けてでも、
明日の日本のためにと命を掛けた
すごい方なのですけどね…。


この碑の前に、
赤いキレイな花が咲いていました。

利道公碑5.jpg



利道公碑4.jpg




利道公碑3.jpg
わー、何の花?
キレイだなあ。

帰ったら調べてみよっと♪

と思っていたのですが、
家に帰ったら
すっかり忘れてしまい…


でも、先日、
思いもかけない、
ひょんなところで、
花の名前を知ることが
できました。

都道府県の木.jpg
こちらは皇居の
「東御苑」の中にある、
「都道府県木の林」。




かいこうず3.jpg
ね、これ!
この花じゃないですか?



かいこうず.jpg




この花は
かいこうず2.jpg
「かいこうず」
鹿児島県の県花でした。



…わかった瞬間、
ちょっと泣けてしまいました。

遠く故郷を離れ、
日本の将来を思って命がけで戦い、
やがて無二の親友とも袂をわかち、
私財もなげうって、
「国を良くするため」に奔走し、
最後は暗殺されて亡くなった。

その年、47歳です。

暗殺されたときも、
盟友西郷隆盛の古い手紙を、
2通、家族にも内緒で
フトコロに入れて
持ち歩いていたそうです。


その受難の地に、
今はそっと
ふるさとの花が寄り添い、
ハラハラと
赤い花びらを散らしている…
かいこうず4.jpg
大久保さんは、
どれほど嬉しく、
心慰められたことでしょう。


思えば、長い鎖国の果てに、
開国の判断を下した
大老井伊直弼公が暗殺されたのは
46歳。

奇しくも、駕篭に乗って、
江戸城に通勤する途中での
出来事でした。


その後、幕府が瓦解し、
新政府が樹立され、
明治維新の立役者となった
大久保利道。

その大久保公も暗殺され、
享年47歳。
明治維新からたった
11年後のことでした。


二人とも、
日本の明日を思い、
内外のあらゆる批判や
重責を乗り越えて、
自分にできる精一杯の判断を、
命がけでしてくれた人たちなのかも
しれません。


日本にもかつて、
同じ国の人がまっ二つに別れて、
争った時代がありました。

結局、勝ったからと言って、
良い思いをするわけでもなく…

勝っても負けても、
大変な時代があった
ということなんだと思います。



日本のために命を張ってくれた
人たちがいたことを、
忘れてはいけませんね。

赤い花の色にかけても…。


JUGEMテーマ:江戸時代


余談ですが、
この清水谷公園の前に、
なかなかステキなカフェがあります♪
画像↑をクリックで、ルポに
ジャンプしますヨ♪


花に歴史あり。
職場から歩いていける界隈です。四ッ谷から紀尾井町を経て赤坂見附まで、趣きありますね。
あのカフェ、気になってたけど、イイ感じですね。
ジン | 2013/06/21 00:10
ジンさん♪
職場、お近くなんですね!
それにしても、カフェのこと、どこでも
よく知ってますね〜。
さすが食べ歩きされているだけありますね!
さくらみゆき | 2013/06/23 00:49
COMMENT









Trackback URL
http://sakura-miyuki.jugem.jp/trackback/1433
TRACKBACK