こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏越しの会♪ | main | お江戸石垣探検隊♪ >>
手仕事しよう♪


前回に続いて
いただいたおみやげ第二弾♪


年下の友人、
かよちんお手製の
ヨーグルトムースです。


写真も撮らずに、
がっついて食べちゃったので、
あとで空のカップケースを頼りに
思い出して描きました。


このムースを、
一人につき
 2個ずつ ×3人分、
保冷用のケースに、縦に
2個重ねて入れてあり、
たっぷりの
保冷剤も入っていました。


つくづくすごいと思うのは、
「保冷用ケースを3個も用意して、
 保冷剤を入れて、
 各2個を3人に渡す」
ということまで含めて、
手作りを「当たり前化」
していること!


本人にとっては
「当たり前」でも、
頂くほうにとっては、
「ウッソーーー!? 
 ここまでできないよ、
 フツー!」
とビックリするわけです。


味もボリュームも大満足♪
美味しかった


手作りの向こう側には、
誰も知らない、
たぶん本人でさえ意識していない
「何かを積み重ねた時間」が、
いっぱい詰まっているのだと
思います。


「手仕事」っていい


時間をかけて、
ぬくもりを持ったモノが
生まれ、
それがまた人をあたため、
喜ばせる。


ムーミンの話に出てくる
『海のおばけ』が、
編み物を手にして、
やっとホッとして、
夜眠れるようになったように、


宮崎駿監督の映画で、
『カオナシ』が編み物をして、
やっとありのままの自分に
落ち着いていられるように
なったように、


そこには
小さくて確かな幸せが
あります。


そして、
手作りしている時間は、
渡したときに
きっと喜んでくれるであろう
誰かの笑顔が、
いつもぼんやりと心に
浮かんでいるのです。



かよちんのお母さまからは
毛糸の食器洗い
をいただきました♪

キュ〜ッ(≧▽≦)
かわいすぎっ♡

勿体なくて使えませんっ(≧▽≦)


…でも、見ているだけで
台所が「キッチン」へと
変貌するんだなァ。


楽しいデス


私も「手仕事」のつもりで
絵を書き、
「手仕事」のつもりで
パソコンに向かって
言葉をひねり出します。


朝から晩まで
家内制手工業です☆


皆さま♪

今日も小さな「手仕事」に
いそしみましょうゾ♪


 カヨチンのブログは→こちら♪
 毎日更新されています!



ステキに
描いてくださって…
ありがとうございます♪
このイラスト
とっても嬉しいです♪
シバカヨ | 2013/07/04 22:47
「手仕事」という言葉に、温かみを感じます。
手間がかかることは、忙しい日常ではなかなかできないこと。送る方への思いやりを感じます。
ムースも、食器洗いも、このブロクも。
ジン | 2013/07/06 00:47
カヨチン♪
作ったご本人からすると
「これちょっと違う!?」
と思ったところも
あったのでは?

これからも、ともに
手仕事に励みましょう!
電気をつけて♪

ジンさま♪
「手仕事」という言葉、
いいですよね〜。
思いやり、大事にします!

さくらみゆき | 2013/07/07 00:28
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK