こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 築地大定のたまごたっぷりプリン♪ | main | 真夏の夜の例の夢 >>
何となく…だから光るもの
このブログを書き始めて
もうすぐ9年になるのですが、

 
初期に書いた記事のことは
もうすっかり忘れてしまって
います


 
9月11日4
最初は
何を書けばいいのか
よくわからなくて、

 
肩に力が入りすぎたり
 

 
妙〜に言い訳めいたことを
書いたり
 
時間ばっかり
かかっていましたっけ


 
こっ恥ずかしくって
今さら記事は
読めないけど
 
昔の写真や絵は時々見ると
すごく懐かしいです
 
のん気に個人事務所なんぞ
構えていた
当時の写真も発見

 
ノート2
 
懐かしいなあ
御茶ノ水のさくら事務所

窓からは、ニコライ堂が見えました


 
9月23日

 
プーさんもう一枚

 
9月23日

 
みんな、よく遊びに来てくれたっけ

 
電車で見かけた美しい人の絵
 
ペディキュア
サンダル

 
8月31日2
 
Photoshopの旧バージョン

 

 
思えばLINEとか
TwitterやFacebookって
まだほんとに
つい最近の流れですよね
9月3日2
 
近所のビルのお庭にいつも
立っていたオジサン

 
おすし3
おすし2
 
あ、お寿司の絵なんか
描いてる〜
 
パステル画2

 
パステル3
 
当時はパステル画を描いたあと、
スキムミルクでわざわざ
透明の皮膜を作って
保存していました
(今は描いたら描きっぱなし)

 
初期の名刺の絵
 
さくら洋服

 
今はこっち
 
さくらご挨拶

 
懐かしい写真も何枚か
出てきた
 
写真


 
ゆうちゃん
 
笑顔の先生ゆうちゃんは、
本当にキレイで色っぽいネ♪

 
写真


 
061126_1105~001.jpg

 
 
カヨチン

 

 
大地くん


 
061231_2326~001.jpg


 
…ブッ 
春ちゃんおもしろすぎ!
 
9年たって、いろいろ状況も
変化して、いつもみんなに会えている
わけじゃないけど…


友人には恵まれているなぁ

 
そうそう
 

 
カワイイ小鳥も
飼っていたんだっけ

 
ピーピーといい声で
毎朝 歌を歌ってくれました
 
可愛いわたしのぴーちゅう

 
あれから、まだ10年も
経っていない

 
振り返るには早すぎる

 
でも、そんな短い間にも、
いろんなことが起こっては
去っていったのね…


 
とびらひらく

いっぱい本も作ったし
 
いっぱいじゃないけど
レンアイもしたし
 

 
大きな地震もあったし


 
大病もしたし

 
大切な家族との
悲しい別れもあった

 


 
友人も、何人かは
この世を卒業していった

 

 
逆に家族が増えた友人は
私にも新しい出会いを
プレゼントしてくれて

 


 
いろんな旅もしたっけなあ

 
活字断ち2−8
 

 
その時々を
絵に描いたり
写真に撮ったり


 
そのどれもが
特に意識して「残そう」
としたわけじゃなく
 

 
何となく描いたり
何となく撮影したりした
ものだったけど


 
でも
その「何となく」が
今となっては
すごく光って見えるよ


 
夏の雲と私


 
期せずして起こった
無意識の渦の中で
時を重ねながら

 

 
人はだんだんと
自分の中心に
近づいていくんだと思う


 
悲しかったり
嬉しかったり
人生には
いろんなことがあるけれど


 
今の瞬間を捕まえて
しっかり味わっていけば


 
あとは自動操縦


 
きっとそれこそが
日常の本当にすごい力
なんじゃないだろうか


 
だから私は


 
これからも安心して
小さな毎日を
送っていくんだ


 
夕暮れ

 
(それにしても…このおじさんは、
今いずこに!?

 
きっとどこかで
現役で活躍してるよネ、フフフ)

 
>その「何となく」が
>今となっては
>すごく光って見えるよ

日常を綴ることは、簡単ではないと思います。ましてや人に見せるのだから。
ご無沙汰していた間の想いを、今回のブログで垣間見ることができました。

これからも、毎日がさらに輝きますように&#10024;
ジン | 2015/07/25 03:16
ジンさん
ありがとう!
日常を綴るのは、どうも、
私にとっては一番大切なこと
のような気がしています。
いろんな試行錯誤の中で、最後に
残った部分でもあります。
何があっても、日常さえ綴ることが
できていれば、きっと大丈夫な気がする
んだ。
さくらみゆき | 2015/08/02 20:11
COMMENT









Trackback URL
http://sakura-miyuki.jugem.jp/trackback/1678
TRACKBACK