こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 茶道「絵」日誌(8)旅棚(旅箪笥) | main | ねんまチュ〜ッ! >>
東京駅カフェ「アパショナート」
カフェ_アパショナート.jpg


タイトル.jpg


 


東京駅カフェルポ全体図.jpg

 
「お待たせ致しました! 
 トマト&レタスで、
 マヨネーズ&ペッパー風味を
 ご注文のお客様は?」

サンドイッチの入ったかごを
両手に持った店員さんが
声をかけたのは、私の背中側に
腰掛けた恋人たちだ。
 
その瞬間、私の頭上
に雷明がとどろいた。
 
「マヨネーズ&ペッパー!」
 
ああ、なんてセンセーショナルな響き! 

 
細く刻まれたトマトとレタスに、
きっとマヨ胡椒がからみあって、
酸味と爽やかさを醸し出している
に違いない。
 
一瞬にして口の中に、じわあっと
幸せの予感が広がった。
そういえば今日は、
お昼ご飯が早かったのだ。
お腹もすいてしかるべし。

しかし時計を見ると、
ああ、すでに時間は午後の4時…。

 
いけない、いけない、
この時間に間食したら、
確実に今晩の夕食づくりに
影響してしまうだろう。
私は頭をふって珈琲をすすった。

 
私は今、東京駅直近の
新丸ビル地下一階のカフェで、
往来の人々を眺めなから、
ちょこんと椅子に腰掛け、
仕事のアイデアを練っている。

 
通りの向こう側には大手のスーパー。
 
着飾った若い恋人たちや
おばさま方が、
ぱんぱんにふくらんだレジ袋を
持って、ひっきりなしに
行き交う人の流れに合流していく。

 

東京駅カフェ風景画.jpg

 
あわただしい風景だから、
このカフェは、
あまり腰を落ち着けるのに
ふさわしい店では
ないかもしれない。
 
でも、私はここがすごく好きだ。

 
ほんのつかの間、
止まり木に腰掛けて、
頭の中に渦巻くものを発酵させる。

 
その至福のひとときには、
ほんの一杯の味わい深い珈琲が
あれば、他には何もいらなかった。

 
けれど、そこに突然、闖入者が乱入!
私と雑踏とノートとペンの間に
「マヨネーズ&ペッパー風味」が
滑り込んでしまったのだ。

 
いや、ここはこらえて、
じっとガマンすべきだろう。
夕食に、それらしき味のものを
何か一品登場させれば、
いいではないか。

 
なのに私の感情は
「でも、でも…」と滑り出す。
 
それではきっと何かが違ってしまう。
 
いや、絶対に何かが違っちゃう!

 
結局、私はカウンターに向かうと
「トマト&レタスのローフサンドを、
 マヨネーズ&ペッパー風味で!」
と高らかに宣言した。

 
その味は、私の脳裏に完璧に
幸せな敗北として刻まれた。
いや、もう、むちゃくちゃ
美味しかったヨ!
 
ローフサンドアイスバイン.jpg


 
アイスバイン.jpg


 
ローフブレッド.jpg




 
東京駅カフェ1.jpg



 
東京駅カフェ案内図.jpg



 
東京駅カフェルポ全体図.jpg
(A4版2枚にまとめています)

 
以上、お読みいただきまして、
ありがとうございました(^0^)

 
(2008/2/28追記)
じつは、
カフェアパショナートさんが、
ナント私のこの記事を
発見してくださり、
ブログでご紹介くださいました!
うれしい〜(≧▽≦)
みなさん、東京駅近辺にお出かけの際は
ぜひお立ち寄りくださいね!!
COMMENT









Trackback URL
http://sakura-miyuki.jugem.jp/trackback/1730
TRACKBACK