こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バーチャルな旅路ニューヨークへん | main | 俺たちゃじゅんさいブラザーズ♪ >>
ユカイな三匹と、姫君!?

 

久しぶりにいくつかのお仕事パレット

中から、作品を紹介します。

 

こちらは、

公益財団法人

「Save Earth Foundation」

さんのパンフレットのイラストを

描かせていただいたものです。

 

 

日本語版web.jpg

 

こんな感じで全4ページ。

 

 

日本語版web表4.jpg

 

 

面白いのは、いろんな国の

バージョンがあることなんですヤッタv 

 

 

最初の一コマだけ並べて

みますと…

 

ポルトガル語

ポルトガル語版web.jpg

 

日本語

日本語トップ.jpg

 

 

中国語

中国語版web.jpg

 

 

韓国語

韓国語web.jpg

 

 

英語

英語版web.jpg

 

 

うふふはちみつ

読めますか?

 

比べて見ると楽しいですネ。

 

 

便利になった今の時代、

みなさんもコンビニやスーパーで、

気軽にお惣菜を買われていると

思います。

 

でも、ちょっと想像してみてください。

 

例えばそれらが、

賞味期限の数日前に廃棄されたり、

過剰に作りすぎて、

余ってしまったりしたとき…

 

その行く先は、

一体どこになるのでしょう?

 

モッタイナイけど、

そのまま焼却炉炎へ?

 

 

…そんな問題の一つの解決手法として

「余った食品を家畜のエサにする」

という道があるのですね。

 

便利さだけが優先だった、

これまでの食品事情から、

少しでも食品の無駄をなくすべく、

知恵を振り絞って、取り組んで

くださっているチームが

今の日本にはあるのです。

 

とても勉強になりました。

 

→詳しくはコチラのホームページで!

公益財団法人 Save Earth Foundation(SEF) | 公益財団法人 Save Earth Foundation(SEF)は、資源循環と森林再生・保全に取組み、持続可能な循環型社会づくりに貢献します。

 

 

 

もう一つ、ご紹介。

 

 

カンボジアと日本をつなぐ、

株式会社「橋姫」

のイメージキャラクターの

イラストを描かせていただきました。

 

→こちらで、他の表情も

ご覧いただけます。

(スクロールして見てネ)

 

 

自分で描いておいてナンですが…

 

 ゆう★橋姫、かわいいしあわせ

 

とてもお気に入りです。

 

 

株式会社「橋姫」とは、

私の友人が社長を務める会社で、

カンボジアと日本の架け橋になるべく

活動されています。

 

ホームページはこちら↓

hashihime.co.jp

 

 

カンボジアは、かつて、

ポル・ポト政権によって、

文化人、博士、学識者など、

知識と文化の担い手を

根こそぎ虐殺されてしまったという、

世界でも稀に見る、悲しい歴史を

持っている国。

 

そこに今、新しい命がまた生まれ、

新しい文化が生まれようとして

いる…。

 

その援助をし、文化交流することで、

カンボジアと日本が一緒に

成長していけたら…という願いから

生まれた、素晴らしい会社です。

 

 

すごいと思うのは、社長さんが、

日本の伝統文化の真髄を伝えるために、

なんと、カンボジアに、お茶室を建てて

いること。

 

それも、お茶の先生に昔ながらの寸法や

方位、部屋の形など、一から

聞いて造っている本格的なお茶室です。

 

 

普通は、お茶室を建てるなど、

いくら思いは持っていても、

なかなか現実に移しにくいものだと

思うのですが、

様々な事情をモノともせず、

できることを着々として、

(…というか、肩に力も入れずに

飄々と楽しむ、草ちゃんのイメージ

のままで)

文字通り、二つの国のかけ橋に

なろうとしていて、素晴らしいなと

思います。

 

両国の結びつきに、

かわいい橋姫が、少しでもお役に

立てればいいな♪

 

 

JUGEMテーマ:語学習得

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://sakura-miyuki.jugem.jp/trackback/1786
TRACKBACK