こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< おじいちゃんの絵手紙 | main | お悩み相談してみます? >>
靴はきつめのほうが疲れない!?

じつは靴は…
少しきついほうが
疲れないんだってこと、
ご存知でしたか!?

 
私は先日、NHKの
「アインシュタインの眼」
という番組を見て、
はじめてそれを知りました。

 
革靴の場合は、
革が伸びるので、
少しきつめのほうがいい
というのは知っていたんですが、
スニーカーその他も
そうだったとは!!

 
実際に、ゆるめの靴と、
少しきつめの靴をはいて
アナウンサーの女性が
高尾山に登って実験して
くれたんですが、
 
ゆるめの靴は、
最初は楽でも、
ふくらはぎや太ももの筋肉を
多く使って歩くことになるため、
結果的に疲れが
激しくなるということが
わかったのです。

 
さらに「スーパーカメラ」が
人の眼には見えない部分まで
分解して
見せてくれたのですが、

 
それによると、
ゆるい靴だと、足の指が
終始のびきっていて、
ほとんど靴の中で指が
動かないんですね。

 
ところが、人間の足は、
足が地面から浮いたときに
一瞬ちぢまってアーチ型を作り、

 
地に足が付いた瞬間、
指がぐいーんと伸びて
衝撃を吸収するという
動きのあることが、
ヒジョーに大切らしいのです。

 
少しきつい靴は、
それをちょうどよく
助けてくれているのが、
映像からも、よくわかりました。

 
ただ、きついと言っても、
同じ箇所がいつも当たるようだと
「たこ」や靴ずれ
になってしまうので、
そこはほどほどに。
 
全体的に
「ちょっときついかも…」
くらいがいいようです。

 
そこで…
早速試してみました!!
ゆるかった靴に、
インソール(靴底)を
入れてチャレンジ!

 
そしたら…
いつものウォーキングで
かなり楽に歩けました。

具体的に数字で言うと
3倍はラク♪

 
足が疲れるなあ〜と
お悩みの方、
いらっしゃいましたら
ぜひ試してみてくださいネ


引き続き更新中♪ 
   →「新・東京イラストjournal」の最新記事へ


 
COMMENT