こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お悩み相談してみます? | main | 夫婦の問題=親との問題 >>
銀座でヒレかつ、いきますか?


じつは、母サチボンと私は、
新装オープンして1週間もたたない銀座三越店に、 
もう2度も参上しています。

 
   物見高い母娘だわぁ


もちろん、私たちみたいな人が多いと見えて、
銀座三越は平日も休日もすごい人出で混み混みです。


本当は人ごみの苦手な私。


それに、母だって行列に並ぶのは
大嫌いな人。。。


それでも1度目はどうしても
買い物の必要があったので、
仕方がなかったとして、


2度目は、ただお昼ごはんを
食べるために行ったのですよ。
アンビリーバボー!



「絶対に混んでいるから、
 他のところで食べようよ〜!!」

と私は激しく主張したんだけど、
そのときは珍しくサチボンが食い下がったんですね。

「だいじょうぶ! レストランフロアが始まるのが、
 11時でしょ。早く行けばいいのよ」


その行動力ったら、すごかった!

最初にお彼岸のお墓参りをしたのですが、
そのあと、東京メトロをずんずんと乗り継ぎ、
銀座駅に着くと、三越のエスカレーターを
どんどん登り始め、


11階のレストランフロアに着くやいなや、
お目当てのお店の「順番待ち」の椅子に
すとん!と座ったのです。


いやー、びっくりした!!


だって普段のサチボンは、歩くのだって
めちゃくちゃ遅いし、
東京メトロの乗り継ぎに関しては
ちんぷんかんぷんな人なんですよ。


おまけに11時15分の時点で、
すでにフロアの人出はものすごく、

迷わずお店に直行した私たちでさえ、
お店はすでに満員で、順番待ち
3番目だったくらいです。


「え?ここ? 何のお店??」
と私は何屋さんかさえもわからず、
サチボンと一緒に
順番待ちの椅子に座らされました。



さて…


やがて、順番がやってきて、
お店に通されたのですが、
案内していただいた席が、

なんと、私の予想に反して、
窓側のいちば〜ん気持ちのいい席。
(もちろん予約はしていません)


その席でいただいのがこちらです。


大海老&ひれかつ御膳

(母サチボンは、ひれかつが大好物なんです)

(↑海老のしっぽがキュートでしょ?)



お店(和心とんかつあんず)
の方によりますと、

「ひれかつのお味を
 おいしく味わっていただくために、
 最初の一口めはでお召し上がりください」

とのこと。


とても美味しかったので、
私はソースにつけることなく、結局
全部、お塩+ごまで食べました。



それにしても私が感じ入ったのは、
今回のサチボンの行動力についてだなあ。。。


おそらく、
母は、一度目に三越を訪れたときに
パンフレットを入手し、


「レストランフロア」の
ページを目を皿のようにして眺め、


「もし食べに行くならどこにしようかな?」
と頭の中でイメージをふくらませ、


店の位置までしっかり学習して、
今日のような機会を待っていたに違いないのです。


ここまでしっかりイメージができていると、
強いですね〜。


行動にまったく迷いがない!



たとえ
「今日はなに食べようかな〜?
 この上の階にはどんな店があるのかな?
 少しでもすいているお店ってどこかな?」
などと迷っている人たちで
どんなにその場がごった返していたとしても、


私のように
「ねえ〜、たぶん混んでいるから無理だよ。
 あーもう、他にどっか良いところない??」
なんてぶうぶう文句を言ってる人が
いくら「やめよう」と言っても、


あまたの「迷える」人間を通り越して、
母サチボンの
「美味しいひれかつを食べたい!」
という願望は、
まっすぐに実現するのです、
イメージしていた通りに…。




さて、食事のあと、サチボンさんのご希望で、
Apple Store銀座にi-phoneを見に行きました。


 おっと!
 娘よりに先に、
  サチボン母が「i-phone」を入手か!?


…と、ちょっと慌てましたが、


こちらに関しては
「ひれかつ御膳」ほど強いイメージ
を持てなかったようで、
さんざんグーグルマップで遊んだあと、

「今日はいらない」

の一言で終わりになりました。



面白いです。

私たちも自分にストレートにいきましょう



JUGEMテーマ:東京散歩



COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK