こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< December 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ぎりぎりで〜す!
goaisatu


つい今さっき、年内のお仕事が
やっと「すべて」終わりました〜ラブ

  危なかった〜! よかったよ〜〜〜!!

いえ、もう出版社のみなさん冬休みに入って
いらっしゃるのですが、
「できれば年内のうちに…」というお約束でしたので、
データのアップだけでもそれを守りたく…

いや、
これって、何とか守れたということになるのでしょうか?(T▽T)


皆様、今年もたいへんお世話になりまして、
ありがとうございました(^0^)

これより、さくらは
「ドクスメ年越し祭り」に向かいます(≧▽≦)ゞ

みなさま、どうか、良いお年をお迎えくださいませ!!


JUGEMテーマ:日記・一般

腰ぬけた…
イタリアン







まーくんと乾杯








映画











キクさま



大好きなまーくんとキクさまに
二日続けて遊んでもらえて、
幸せな私(≧▽≦)ラブ



 しかし、映画は本当にこわかった〜汗



いや〜もう、
こわいの何のって、
途中で吐き気がして出ようかと思ったほど星


その映画は、New Yorkが舞台で
特撮がすごいという前評判を聞いていたのです。


なので、New York好きの私は
「こりゃ〜、一人でも見なくっちゃ!」
とはりきっていたんですね。


でもよかったよ〜〜〜 一人で見ないで!!
あんなの一人で見たら
立ち直れなかったよ〜〜〜  <(T▽T)>
(ちなみに、九州男児のキクさまも、
 かなり腰ぬかしてました(笑))



そのむかし、大晦日の月レイトショーで
シュワちゃん主演の
「エンド オブ デイズ」という映画を見て、
終わったあと、新年早々、あまりの後味の悪さに、
激しく後悔したことがありましたけど



今回、あのときの気持ちを思い出しました星
やっぱり、途中でも、
波長が合わないって気づいたら
映画館をあとにする勇気を持たなくちゃネ汗


その後
なかなかショックから立ち直れず <(T▽T)>
ああ〜〜〜


昨日は、部屋の電気をひらめきつけっぱなしじゃなきゃ
眠れなかったです。


みなさん、

年末年始に見る映画は
慎重に選びましょう〜(≧▽≦)ノ



(…え〜、ちなみにその映画は…
 「アイ アム レジェンド」
 ホラー映画だと思ったほうがいいです)



(同じNew Yorkが舞台でも、
 こっちはとっても良かったですラブ
     →『ボーン・アルティメイタム』
 もともとは、これを見に行く予定だった)




ところで、
まーくんに付き合ってもらった
イタリアンレストランは
ほんの9ヶ月ほど前まで
私の事務所があった場所なのです(^0^)
イタリアン
前身を知っている皆様、いかがでしょ? 
こんなにステキなお店になっていましたヨ。
御茶の水『オステリア・オッジ』というお店です。

イタリアン

まーくん
美味しいドルチェに舌鼓みを打つまーくんをパチリラブ





そして、キクさまと行ったのは、
六本木ヒルズの映画館♪
キクさま


東京タワー

映画のあとは、雨の中を、
東京タワーのま下のお洒落なレストランまで
ぐんぐん歩きました。

キクさま

キクさまは、年明け早々、
南米エクアドルに2年間、海外青年協力隊で
剣道を教えるためにぴかぴかいよいよ旅立ちます!


出発の前に、キクさまの
いろ〜んなお話をゆっくり聞けて良かったですラブ


2年後のキクさまが楽しみばい(^0^)!!




JUGEMテーマ:東京散歩




星1月5日、6日は新春の楽しいイベント続きだよ星
開運堂
(画像をクリックでジャンプするよ〜(^0^)♪)


神楽坂さんぽ
年末♪

フリーランスの身にとって、
年明け後の仕事の打ち合わせが続くのは
来年も良いスタートぴかぴかがきれるという証で、
理屈ぬきにうれしいもんですo(^^)o

「まだしめきりは先だしネ!」
という、若干の心の余裕もあるしネッ(≧▽≦)
もっとも年内のお仕事もまだ終わってないんだけど…星

おまけに今夜は、楽しみな、
某「元気が出る本」出版社さん開催の望年会。
それまでのあいだ、
ほんの少〜し時間が空きましたっラブ


…っちゅ〜ことで、久しぶりに神楽坂さんぽ〜(^0^)ノ
神楽坂1




神楽坂3


風情のある街、神楽坂♪

街の中心は、↑写真右手の
朱の門の「毘沙門天」さま。
(善国寺という日蓮宗のお寺さんです)


ここはその昔、料亭が立ち並び、
今でも芸者さんが残っている、東京にあっては
数少ない街なのです。

メインの通りから一歩路地裏に入ると、風情のある
石畳の小路が続きます。


石畳



神楽坂4


神楽坂5


音楽の友社
↑音楽の好きな人ならきっと一度は憧れる?
音楽の友社もあります♪



そういえば、そのむかし、うちの母サチボンは、趣味で
「小唄」「三味線」「日舞」を習っていて、
この辺りのお師匠さんの所へ通っていました。

私も小さい頃、よくそのお供で、
無理矢理連れて来られては、
「めばえ」とか「よいこ」とかを読みながら、
三味線の音をバックに
母のお稽古が終わるのをひたすら待っていたものです。

よく考えてみると、
あの頃からほとんど変わっていませんよ、
街並も、お店も…。

赤城神社


赤城神社2

赤城神社です。


併設の幼稚園から響き渡るは、
のどかなピアノの調べ。
幼稚園
けっこう夕方のいい時間なんだけど、
まだ子どもたちの歌声も聞こえてきます。

本殿


赤城神社が、この場所にやってきたのは
戦国時代、川中島の決戦の行われた弘治元年(1555年)のこと。

その後、徳川幕府は「日枝神社」「神田明神」と共に、
この赤城神社を「江戸の三社」としました。
祀られているのは「岩筒雄命」 ( いわつつおのみこと )
という火防の神様。

場所柄か、人形と御縁が深く、「お人形の感謝祭」や
「お人形のお焚き上げ」なども行っています。



さて…、


じつはさきほど、私は
この神社の入り口に
「神社の奥にカフェあります」
というステキな看板を見つけたのです(≧▽≦)ゞ きゃっラブ


そう、最近の神楽坂は、
古き良きムードを残しつつ、
路地裏のお洒落なレストランやカフェ、甘味など、
美味しいものいっぱいの「散策小町」に変貌しているの。



さて、お参りもすませ、
お店はどこかな〜と見てみると、本殿のま横に
それらしい、素朴な木の階段が…

いや、横というよりも、
本殿の2階というか、本殿そのものと言うか…

すごいなー。
まさに「神社カフェ!」


でも…

もしも、入ってみたら
私だけしかお客さんがいなくって、
年上のママさんやマスターと
こってりじっくりお話をしなきゃ
ならなくなっちゃったりして汗


などとドキドキしながら登っていくと…





なんと! いまどきのステキなカフェではありませんか!






赤城カフェ


店内

テラスの方から射し込む夕陽♪


店内には、「Shall We ダンス? 」など
大貫妙子さんのやさしい歌声がゆうらり流れていて、
レトロモダン♪
時が止まったみたい…

お店のかたも、若いイケメンの皆様です(笑)


ロールケーキ

ん〜♪
ロールケーキ、どっしりしたスポンジに
ほのかな甘さのクリームが〜(T▽T)


はあ〜。。。幸せだなぁ〜ん(=^▽^=)ラブ


店内


年末のあわただしい中にも、ゆっくりまったり時間♪ 
こんなひとときも大事よネ!




過ぎ行く時間を大切に♪
   ↓
  (^▽^)ノ ポッチリ

 ありがとちゃんっo(^o^)o 


今日ご紹介のカフェの名前はakagi cafe。
年末年始も営業されているそうです♪
ホームページへ


星1月5日、6日は新春の楽しいイベント続きだよ星
開運堂
(画像をクリックでジャンプするよ〜(^0^)♪)


JUGEMテーマ:グルメ

お医者さまの言うことにゃ〜
注射1


注射2


パンチ病にかかっても自然治癒力に頼るべし!!」

というのをモットーにしたいと願う私だけど(^^;)


「あなたがインフルエンザにかかったら、
 私のみてるおばあちゃんに
 うつっちゃうかもしれないでしょ!」
と介護を仕事にしている母が
毎日毎日言うので、


今朝、ついに行ってまいりました予防接種〜♪


ちなみに、先生の一言目は


「今頃? おそいよ! 
 11月中に来なくちゃ!!(怒)」



ひょえ〜星相変わらず怖いのう汗

じつは私、昨年この先生に
たいへんお世話になりまして〜うふっ(≧▽≦)→コチラを参照ラブ

高熱でひいひい言っている所を救っていただいたうえ、
厳しいとどめのお小言も(笑)


何でも、ダースベイダー先生がおっしゃるには、

「インフルエンザの抗体は、できるまでに
 2〜4週間はかかるんだよ。

 だから、今から1ヶ月くらいの間は
 うつってもしょうがないよ!」

とのこと。

そっかそっか星

これから続く望年会で、もし万が一
ウイルスのおこぼれをいただいても
軽くすむようにと駆け込んだのだけど


やっぱり甘かったわね〜(笑)


みなさまも、予防接種には、
そのおつもりでお出かけくださいまし〜ラブ


ひらめきさあ、年末、やり残したことはないかな〜!?
私は、お仕事がまだまだ終わっちょりませ〜ん汗

いや、基本的に年末年始はないと言うかな…!?


カウントダウンまであと6日!
な〜に!6日もあれば何とかなるさ〜(^0^)
   ↓
  (^▽^)ノ ポチッ

 ありがとちゃんっo(^o^)o 









JUGEMテーマ:ビジネス
うい〜…ひっく♪
クリスマス
クリスマスディナーは、2週間ほど前に
しっかりいただいてしまった私(^0^)ラブ

今日はシンプルに、シャンパンだけ♪

ここ数年、
ワインもビールも、およそお酒というものは
ほとんど飲んでなかったので、
シャンパン、効くよ〜ぅ(≧▽≦)ノ
なんで、こんなに美味しいの!?
美味すぎでごじゃるよ〜ラブ


ひらめき
みなさま、めるり〜くりすますでごじゃる星
   ↓
  めり〜くりすます(^▽^)ノ ポチッ

ありがとちゃんっo(^o^)o 



みなさまにお願い♪

クリスマスは、子どもたちのためにあると
思うのです。

だから今夜月は、
世界の子ども達の「笑顔」のために
一緒に祈りませんか(^0^)ノ

それじゃいくよ〜!!

 「世界中の子どもたちへ。

   生まれてきてくれて、
   本当に本当にありがとうね!

  あなたたちの存在に、大人はいつもどれほど
  励まされ、勇気をもらっていることか…

  どうか、みんなが世界のどこにいても、
  いつも笑って、安心して
  元気に暮らしていける日がやってきますように。

  そのお役に少しでも立てますように…

  月メリークリスマス!」

ひゃっほ〜!!!
ありがとちゃんっラブ



JUGEMテーマ:クリスマス
自分の色で輝いて♪
色鉛筆のつぶやき




かわいくて、愛しい色鉛筆くんたちラブ


無心にその命を全うしているものは、
みんな、ピカピカぴかぴか輝いてみえますね。


最近、つくづく思います。
誰かがありのままに輝いている姿は、それだけで
人を勇気づけるなあって。


色鉛筆や、ろうそくのように、
私たちはこの世に生まれ落ちたときから、
だんだんと与えられた時間を削って、燃えて、
短くなっていき、
最後消えるのだと、
以前、仏教の本で読んだことがあります。

消えたあとは、別のものに生まれ変わりますが、
この姿での人生は一回こっきり。

それは悲しいことではなく、
だからこそ、短かかろうが、長かろうが、
命は輝いているのだと。


色鉛筆を見ているうちに、
その話を思い出し、ああ、この子たちは、
私の前に、そんな尊い命をすべて
投げ打ってくれているんだなあと、
なんだか、キュンとしちゃいました。

色鉛筆の人生に、潔く生きることを教えられたような
気がしました。


自分の色に誠実に生きて、その姿で、
世の中のお役に立ちましょ(^0^)♪
   ↓
  (^▽^)ノ ポチッ

 ありがとちゃんっo(^o^)o 





星写真作家はげっち。プロデュース!新春開運堂のお知らせ星
開運堂
(新春早々、はげっちが飛び回る!↑画像をクリックでジャンプするよ〜(^0^)♪)


JUGEMテーマ:アート・デザイン


望月先生の新刊本がどどんっと2冊発売♪
みなさまこんばんは〜(^0^)ラブ

今日はビッグニューす!
ステキなお知らせちゃんです♪

いつもニコニコ、ふんわりぴかぴかあったか〜ラブ

素晴らしい人格者で、みんなの憧れ♪
【歩くシンクロマスター】【宝地図ナビゲーター】
の称号でもおなじみの望月俊孝先生が、
2冊同時に「宝地図」に関する新刊を発売されま〜す!


望月先生似顔絵
(うふ〜ラブ ↑ 私の最高傑作のひとつ(≧▽≦)
お気に入りの望月先生の似顔絵です)


それも、「今日の深夜月(20日・0:00)からスタート!」

きゃ〜(≧▽≦)
シンデレラ タ・イ・ムですぅ!

ぴかぴかシンデレラタイムぴかぴかにお申し込みいただくと、
素晴らしいプレゼントが!!
ご応募お待ちの皆様は、あと3時間待って〜〜〜(^o^)ラブ

↓  ↓  ↓

=============================

  ★【宝地図】(望月俊孝著)の新刊2冊同時発売★
【12月20日(木)〜年末】期間限定 謝恩プレゼント企画

【宝地図】で有名な望月俊孝さんの新刊2冊が発売されます!
しかも累計40万部突破も記念して、感謝企画を現在、開催中です。

今、望月さんの新刊を購入すると
『成功とは実は○○○○○の積み重ねだった』(音声セミナー)
『ちょっとした気づきですべてはうまくいく』(PDFファイル)
『宝地図実践・30日激励メッセージ』(メール・セミナー)など
とってもステキなプレゼントがもらえます。詳しくはこちら
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  http://www.takaramap.com/arigato/

=============================


宝地図はですね、
年末年始に描くと、すっごくワクワクして、
叶うのが早まりますよ〜(≧▽≦)ノ

特に今回の望月先生の新刊は、読むと、
「図解入り&体験談入りで、超わかりやすく、
 宝地図が見ただけでスイスイ描けちゃう」
そうで〜す(^0^)
私ももちろん購入します!
皆様も、チェキラッ♪



ちなみに…

望月先生の推薦図書の一角に…


清水克衛店長の新刊本が登場よ〜〜〜っ(≧▽≦)
なぜか私の名前まで著者扱いで!
きゃ〜〜〜(笑)

私のほうはマンガを描かせていただいた
だけなのですが、光栄で〜〜〜す(^▽^)


でも、こんなステキな企画を思いつく望月先生って
やっぱりすごいですね!

もっちろ〜ん、
推薦図書は、どれを選んでも、間違いなし!!


でも、迷っちゃったら、ぜひ
白地に緑帯の
「『ブッダを読む人』は、なぜ繁盛してしまうのか」
をお選びくださいませませ〜ラブ てへっ(^^)


JUGEMテーマ:読書
テンプルちゃん登場♪
エクセルシオール

大きな葉っぱと、
おいしい珈琲と、
かわいいテンプルちゃんがそばにいたら…
もう何も言うことありません〜(≧▽≦)ラブ


テンプルちゃんは、上機嫌のパパと
すこぅし機嫌の悪そうなママに連れられて
テコテコと帰っていきました星


がんばれ〜、テンプルちゃん♪


(ちなみにテンプルちゃんとは、天然パーマで
 髪の毛がくるんとしている小さな子ども
 …という私の勝手なイメージです(笑))


さて、話は変わりまして、先日
東京駅近くのビルに桜が咲いていました。
冬にもさくらが♪

ビル玄関の脇に、門がまえのようにして
二本咲いていたので、
「これは、冬に咲く桜なのかなあ」と…。


それとも、入り口からもれる暖気が
桜の季節感を狂わせてしまったのかしらん。


どっちにしても、
せっかく咲いてくれたんだもん!
こっちもがんばれ〜ラブ


ひらめき小さな幸せ、ありがとちゃん♪
   ↓
  (^▽^)ノ ポチッ

 ポチッもありがとちゃんっo(^o^)o 





星写真作家はげっち。プロデュース!
新春開運堂のお知らせ星
開運堂
(↑画像をクリックでジャンプするよ♪)
泣いた、笑った、フツーの日♪
もらい泣き

ありがとう!

浅田真央ちゃん17歳!!


昨日、ショートプログラムでまさかの最下位から、
今日は、フリーの演技で逆転トップぴかぴかへ!!


総合では、キム・ヨナちゃんについでの王冠22位だったけど…

拍手よくがんばったネ(T▽T)
おめでとう! パチパチパチパチ…拍手



さて気を取り直して、今日の記事(^o^)ノ

そうじ1






そうじ2


まあ、我が家には、二人しかいないので、
声の主は、当然あのお方。。。


おそうじサチボン



今日もご機嫌サチボンさまラブです。



しかし…


なぜ「オッパッピー?」(笑)




母は落語が大好きですが、
その他の「お笑い系」はあまり見ないのです。



でも、小島よしおだけは
何故かお気に入りのようす。


「そうじはキライだから、
 少しでも楽しくなれそうな言葉を言ってたのよラブ
とのこと。



まあ、小島よしおは、私も初めて見たときから
笑っちゃったからな〜(≧▽≦)
(ちなみに、同じ系では「江頭2:50」も、私は好きです)



そうじはキライだと言いながら、気づけば
ベランダの隅々までブラシをかけて磨いてしまう母は
ほんと、働き者だなあと思います。



さて、そんな母が見た瞬間に
夢中になった本があります!!




それはコチラ♪
暮らしの知恵袋
「暮らしの知恵袋」PHP研究所
1000円(税込み) 日本の暮らし研究会著

いや、もう、イラストが
とーーーーってもわかりやすいんですよっラブ(≧▽≦)ノ



イラストレーターのタダトモミさんと↓
イラストページ


もう一人のイラストレーターはわたくし、
さくらみゆき↓(≧▽≦)てへっ♪
イラストページ


A4版で大きくて見やすく、
たとえば、


「黒いシャツの色は○○○で復活!」


とか


「○円玉で靴のイヤなにおいを消す」


とか、
どのページを読んでも
ひらめきなるほど〜ひらめき」と
思うことばかり。


母サチボン曰く、
「こういう本、美容院に置いてほしいわ〜!!」
とのこと(^0^)


「酢」「重曹」「塩」「レモン」
「輪ゴム」「ストッキング」など、
身近なものを上手に活用して、
「掃除」「洗濯」「お手入れ」
「収納」「お料理」「健康&美容」まで!!


年末年始は、これ一冊で、ピッカピカぴかぴか
ウマウマヨラブ(^0^)ノ



みなさま、ぜひ
本屋さんでチェックしてみてくださいね〜!


ひらめきおそうじも、もちろん、ハッピーでいきましょ〜(^0^)♪
   ↓
  は〜い(^▽^)ノ ポチッ

 ありがとちゃんっo(^o^)o 



東京の街はすっかりクリスマスムード♪
今日は、都内にあるとは思えないような
美しい建物の写真を…
  ↓
赤坂プリンス
(赤坂プリンスホテルの別館で〜す)


星お知らせくん♪星
新春開運堂

1月5日(土)は、読書普及協会の、
新年最初のイベント開催日です。
主催者の「はげっち。」さんによると、
「この話を聞いたら…すごい開運につながるっていう
 ネタをご披露するポン!
 特に女の人は絶対に聞いたほうがいいポンよ…」
とのこと。

もう〜〜っっ、なになになに〜??(≧▽≦)

翌日1月6日(日)には、篠崎で、
「人情横丁」のオイシイ♪嬉しい♪見本市もありま〜〜〜す。
皆様、ぜひぜひ遊びに来てくださいネ!
(上記画像をクリックで、詳細情報にジャンプよラブ




JUGEMテーマ:クリスマス
シャガールのおっぱい
上野駅


夕闇に光る上野駅で、私は雲に包まれたように
ふわふわと幸福ぴかぴかでした。。。



私は、絵を描いている人を見るのが好き。

それが外ではなく、室内で描いている姿だったら
もっと好き。

きっとその人は、風景ではなく、
歌い、泣き、笑い、恋する人の絵を描いているのだろうから…




じつは上野駅を歩いていた、そのつい2時間ほど前、
立ち寄った美術展の軽食コーナーの壁に、
ふと「一枚のポスター」を見つけたのです。

写真家『イジス』の撮った『シャガール展』

 「これ、どうしても今見たい!!」


帰りかけた道を引き返し、
「上野の森美術館」をさがしました。

シャガール展
ありました!
駅のとっても近くです。



入ってすぐ、出会ったのは、
こちらをまっすぐに見つめている
シャガール78歳のときの写真。

シャガール1


うん、やっぱり、目元、顔の輪郭、
シャガールの絵に出てくる人
そのものだなあ…って思う。

この、私の写真スケッチでは
あまり笑ってみえませんが、
他の写真を見ると、
あふれんばかりに人間的魅力がにじみ出ているような、
ステキなおじいちゃんなんですよ。




そして、最初に目にした絵。

じいっと見つめて、溶けました。



夕闇せまる青い部屋の、美しい陶器の花瓶には、
白い小さな花がたくさん生けられています。

カゴいっぱいに盛られたオレンジから
ただよう、甘くさわやかな香り…


その部屋の片隅で
結婚式から帰ってきたばかりのふたりは
灯りもつけずに
夕闇の中で、そっとキスを交わすのです。





「白い花束」
シャガール38歳のときの作品です。


「ああ、シャガールの絵、いいなあ…」


さきほどまで見てきた、
教科書のお手本になるような、
「いわゆる上手な絵」とはまったく違って、


気持ちがふわっと溶けるような、
やさしくてあたたかい物語が、
ぷわんと絵から広がってくる。


私の心もゆうらりと、宙を飛び始めました。





油彩に、水彩、銅版画、リトグラフ、木版画…

手法は違っても、恋人たちの声が聞こえてきそうな
浮遊感のある絵は変わらない。


特に魅了されたのは
おっぱい。


シャガールの描くおっぱいは、
うっとりするくらい
まん丸で、豊潤で、ステキ。


シャガールのおっぱい





シャガールは、その人生の中で、
三度結婚した人です。


22歳のとき、
のちに妻となるベラと出会い、
「自分の妻になるのは、彼女だと感じた」


 そのベラと、28歳で結婚。
 翌年、娘が生まれます。


 37歳、シャガールはパリに
 腰を落ち着けるようになり、
 この頃から画家として成功し始めます。


 しかし、ユダヤ人であった彼ら夫婦は、
 ナチスの迫害などもうけ、アメリカに2度亡命。


 その間も、夫婦の結びつきは強く、
 夫婦そろってさかんに郊外に散策に
 出かけたそうです。


ところが57歳のとき、ベラが急死。


35年もの長い時を共にした妻の死に、
「目の前が真っ暗になった」という彼は、
9ヶ月もの間、筆をとることができませんでした。



しかし翌年、娘の紹介で、若い妻ヴァージニア
と結婚。息子を一人もうけます。


 10年後、ヴァージニアとの仲が冷め…



その頃、またもや娘の紹介で
ヴァヴァという女性と出会いました。


そして、このヴァヴァと、シャガールは、
68歳から
98歳(1985年)で天寿を全うするまでの30年間を
連れ添うことになったのでした。



シャガール6




人の御縁って不思議ですね。

でも、この3人の妻たちは、
みんな、シャガールにとって創作の泉、
「魅惑のおっぱい」そのものであり、
大切なミューズ(美の女神)達だったのです。


彼女たちは、
結婚している間に、シャガールの絵の中に何度も登場し、
永遠の命を持ったのでした。





この展覧会では、シャガールの絵と共に、
イジスという写真家の撮った、制作中の
シャガールの姿がたくさん見られたのですが、


本当にステキなんです。






シャガール3





77歳のバースデー。
お祝いに訪れた二人の孫娘が、
いたずらな瞳を輝かせて見守るすぐそばで、
当たり前のように、絵を描くシャガール。
シャガール5





79歳。
しわくちゃになったシャガールおじいちゃん
の手から生み出される、
美しい恋人たちの素描。

カシカシ、コシコシとコンテが紙にこすれる音が
聞こえてきそうでした…
シャガール4






77歳。パリの「オペラ座の天井画」を制作。

大作の絵を描きながら、絵の中の人々の踊りの
輪の中の一部と化すシャガール。
シャガール7





そして、ある写真の前で、
私はぴたりと動けなくなりました。






それは、
パリの「オペラ座の天井画」が完成し、
そこに「Marc Chagall」とサインを書き入れ、
いすに座ったまま
自分の完成作を見上げているシャガールと…

その頭を愛しそうに抱えてキスをする、
妻ヴァヴァの写真でした。




シャガール




 ああ、これ…

 人間の幸せの究極の姿だよね…


なんだか、涙がぽろぽろ出ちゃったよ…







帰り道、
ふわふわしながら、たくさんの人が行き交う
上野駅を歩きました。



若くて美男だったシャガールが、
愛しい愛しい、シャガールおじいちゃんになるまでには、
たくさんの波が、その人生にあったんだろうと思う。


その波のすべてを飲み込んで、
まっすぐにキャンバスに向かって、
「見ている人を幸せにする絵」を描いたこと。


そして、その人が、とても愛されていたこと。



その姿に出会えた感動は、一生、忘れない。


シャガール8


ありがとう。シャガール。
やさしい時間をありがとう。








世界中の人に愛されているシャガール。


この展覧会は、私の見た日の3日後には
終わってしまったのですが、
またきっと、そう遠くないうちに、
新しいシャガール展が企画されることでしょう(^0^)ノ

皆様も、そのときをどうぞお楽しみに〜ラブ




 
JUGEMテーマ:アート・デザイン