こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< April 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
小さな事件簿
その1



先日、友人とランチをいただいていたら、

横から

おじさまが、バターン!と降ってきました。



急に意識を失われたようで、
一時はどうなることかと思いましたが、


救急車が来る頃には徐々に意識を取り戻され、
ホッとしました。



ただ、お店をあとにしても、



その後1時間くらいは、
足の震えが止まりませんでした。


いや、コワかったです。ほんと。。。


叫んで店員さんにお知らせするくらいしか
できなかった自分も、ちょっとショックでした。



で、そのとき他に
何が印象的だったかというと、



思わず自分が
「キャアーーー!」
と叫んでいたということなんです。



よく、マンガやテレビで「キャアーーー!!」
と叫ぶシーンが出てくるじゃないですか?


でも、
「ほんとにあんな風に叫ぶもんなのかなあ?」
という疑問が、私の中にはいつも、そこはかとなく
あったのですよ。



ところが、いざ、驚きの場面に遭うと、


まず、あまりのことに、一瞬声が出なくなり、


次に、「誰かに知らせなければ」という
気持ちが出てきて、何か言葉を発しようと
思うのですね。



それで、自然と出て来た言葉が、
やっぱりなじみのある、
「キャアーーーー!」
だったという。。。


こういうときは、
男性だったら「わーっ!」とか、
叫ぶのでしょうか?



何も叫ばずに、ナイチンゲールのように
冷静かつ的確に
介護できたら一番いいんだけどなあ。



そんなことを、とめどなく考えてしまった
私でした。



とっさの時って、どうしても
人間性が出ちゃいます。


もう少し、私も
どしん! と動じない人になれたらいいなあ。









JUGEMテーマ:エッセイ
のれん、もうくぐった?



あのう。。。。


本を買ってくださったみなさま。


ありがとうございます! 

…で、ひとつだけ!!
わたくしからお願いがあるのですが…




くれぐれも


表紙のカバーめくるの、


忘れないでくださいね(笑)


表紙小さいの





めくったあとの世界をちらっと
お見せしますと…↓


マップ



ああっ 小さくてゴメンナサイ!




本物は、実物で見ていただけると
たいへん嬉しいです(笑)



これは、


すべてのイラストの納品が終わって
ホッとしたあとに、


担当編集者さまから
鬼のような催促を受け、


泣きながら
一所懸命、描きましたのでネ。。。




は〜、スッキリ!


泣きながら描いたわりには
このイラストがあることを
誰も知らないまま、
本棚に並べられる方が
ほとんどじゃないかと思いまして



…というか、
おそろしいことに、描いた本人が
ほとんど忘れそうです(笑)





ありがとちゃんっ

ホッとしたので、もう寝ます。

おやすみなさ〜い。。。




JUGEMテーマ:オススメの本
並び始めたヨ♪
雲

うーん…




すっっ    


ごい雲だぁ!








雲がこんなに白いということは…





空がそれだけ青いということ。 










東京で、ここまで空が青いのは、
めったにないことです。
(いつもはぽやっとした水色)



小学1年生のときに、
いちばん最初に習った
国語の授業を思い出します。



「あおい そら



 しろい くも



 あ きりん…」



(きりんの形の雲が
 浮かんでいたという詩だったので・笑)




つつじ






みどり

この時期、
緑の葉っぱは、ほんとにピッカピカですね。




つつじ

つつじにとまる、やさしい夕陽のいろ。。。




なんだか、ふんわりしてしまう、

そんな4月の終わりです。








そういえば、



そろそろ、例の本が、本屋さんに
並ぶころだなぁ。。。




表紙小さいの




で、



さっそく神保町の本屋さん、
「書泉グランデさん」と「三省堂さん」
をのぞいてきました♪


あった、あった! ありましたヨ!


書泉グランデさん3階
本


同じ三階に2カ所です!
本

「本調子2」と並べていただけるなんて、
理想的です!


三省堂さんでは、
「ビジネス」コーナーではなく、
「本屋」コーナーに並んでおりました。
本



本調子2は、3階のビジネス書コーナーに
あったんだけどなあ。。。

本

本


でも、どちらも、ばっちり
平積みでした(^0^)  るん♪
ありがとう! ありがとう!!
思わず、お買い上げです。






帰りの電車の中…

キクさま?

この広告の人、

似てますよねぇ、あの方に…。






エクアドルは、インフルエンザは
大丈夫かしら? 


マスクと、『駆け込み本屋』
送ったげようっと。





JUGEMテーマ:オススメの本
小さな黄色の花とても…
ザーザーぶりの
のトウキョー。


私も今日ばっかりは
パソコンの持ち歩き
あきらめて、家でお仕事です(^0^)


しんしんと静かで、
こんな日も悪くないなぁ。。。(=^^=)


花







みどり



写真は、ここ1週間に
何となく撮りたまったものの中から。

だいたい、カメラを構えるときは、
花や色に、誘われたときが多いです。






その昔、大学生のころ、
切ない片思いをしました。


私の好きなひとは、わたしの一つ年上の
女の先輩が好きだったんですね。


それがわかったときは、

ショックで、
切なくて、
胸が痛くって…


ああ、さびしいなあ…悲しいなあ…って
しょぼしょぼしながら歩いていたら、



目に飛び込んできたのが…

花

一輪のタンポポ。



その日もザーザーぶりの雨で、
ちょうど梅雨の時期で、


まわりはグレーに沈んで見えていたっけ。



でも、
そのタンポポだけはめっちゃ元気で、



なんというか、
とっても「けなげに」みえたんですね。



そのとき私は、

「私も…地味な雑草でいいから、
 とにかく、いつも明るくいよう!」

って思いました。



そして、ぐっと顔をあげて、
元気に歩きだしたのでした。





その彼とは、それから紆余曲折をへて、
数ヶ月後におつきあいすることになり、

それから7年もの長きにわたって
いっしょに青春の時期を過ごし、

めでたく結婚もしたのです。



それが、今、となりにいる
旦那さまです。。。


って書けたら美しいのに、
ああっ! なんであたしの恋語りって
途中からギャグになっちゃうの
かしらッ(≧▽≦)ノ




実際には、



めでたくゴールインのあと、
めでたく離婚もしちゃいまして\(^0^)/


人生いろいろですね(笑)



だけど、あの雨の日
目が合った
一輪のタンポポ。。。



あのタンポポが教えてくれたことは、


今も私の人生の根幹にあるような気がするのです。





トウキョー、
自然の色彩は、いつも満開ですo(^^)o





JUGEMテーマ:つぶやき。
「駆け込み本屋」はこんな本
駆け込み本屋



やっとお披露目の日がやってまいりました(^0^)/


清水店長の新刊本
「駆け込み本屋」、ついに刊行です。




私は、今回、
原稿編集と、イラストを
担当させていただきました。




思えば。。。(@▽@)(遠い目)



お声がかかったのは1年以上前のこと。



その後、何度も
しめきりを伸ばしてもらったあげく、




原稿編集に、本腰を入れて
かかり始めたのは昨年の11月!




それから、なんだかんだと原稿が
きちんとした形になるころには
2月の声を聞き、

やっとイラストを書き始める所まで
こぎつけたのが3月。




そこから今度はえんえんと
イラスト作業が続き、
最後のイラストアップが終わったのが
つい先々週の4月12日。



長い…長かった!


私こう見えて、
仕事はかなり早いほうだと思うんですヨ。


だけど、今回だけは
自分でも永遠に終わらないかと思った(≧▽≦)



でも、手間ひまかけただけあって、
すんごく面白い、
「遊びがあって役に立つ」
理想的な本に仕上がりました。



表紙小さいの

駆け込み本屋



さて、
それでは中味をちょっとだけ、
ご紹介です(^0^)


内容は、ずばりお悩み相談のQ&Aです。

まず、質問ページ。

質問


1「質問」と、

2 知ってためになる「雑学データ」と、

3 ナンセンスギャグ系の「イラスト」の、

「3点セット」を盛り込んだ
初めての2色刷りです。



実は、平成の世直し本屋
「読書のすすめ」さんには、
なぜか、全国のお客さまから、
ひっきりなしに悩み相談があるんですね。

今回の本は、その中で、過去に、
多かった質問20問をクローズアップ。




お答えする人はもちろん…

店長

「読書のすすめ」の清水店長〜(^0^)ノ




答え


今回、店長のお答えした質問は、
仕事、人間関係、
経営や、転職のお悩み相談、
はては恋愛、子育て、
スピリチュアル、環境問題まで。


自分は悩んでいないことでも、
その答えを聞くと、
「うーん、なるほどね〜!!」と
心がスキッと元気になる言葉が、
ガッツンガッツン入ってます。



表紙小さいの



ほかにも

20〜30代の若者の質問「全27問」に
清水店長が「本音トーク」で答えた
おもしろインタビュー

 BY 聞き手 ドクスメ熱血店員 井手良平


や、

こんなの初めて!
誰もが唸る「名あとがき」

  BY あの感動の、
    大ベストセラー作家 喜多川泰さん


そして、とにかく、雑学データが面白い!


たとえば
「夫婦の1日あたりの会話時間は平均何分?」
「日本で今、独立起業している会社はどれくらいあるの?」
「社長の共通の悩みである、離職者のほんとうの離職理由とは?」
「現在1日あたり、一体何冊の新刊本が刊行されているのか?」
「フリーター、ニートの数は、今、どう推移しているのか?」
などなど。


今回、この本を作るにあたり、


共に壁を粉砕突破し、徹夜をし、
戦ってくださった戦友は(^0^)


大谷さん






大谷さん


サンガ出版の編集者、兼、
アートディレクターの
大谷佳央さんです(^0^)


どうです?
イケメンでしょ?



いや、思えば、
あたしはひどいヤツでしたよう。。。


この方がとっても優しいのをいいことに、
何度も泣きついては
しめきりを伸ばしていただき、


かと思えば、
「もう〜っ 永遠に終わんないよ〜!」
と開き直り、


えんえんと
愚痴につきあわせ(笑)、



携帯を年がら年中「消音」「バイブOFF」に
したまんま過ごし、


大谷さんからの緊急メッセージに
気づいたときには
5時間以上も後!という、
実にひどい所業を「繰り返し」、



けれど、
こっちから用があるときは否応なく、
「土日も関係なしに」呼び出しをかけ…



ああ、ひどいわ〜!
大谷さん、新婚さんなのに〜!!(≧▽≦)ノ

(いや、新婚だから…いやがらせか? 笑)





でも、大谷さん、
若いのに、
すごい才能をお持ちです。



今回の本が、
パッとめくって瞬間で引きつけられる
楽しい本になったのは、


大谷さんが編集者というだけでなく、
デザイナーさんとして、
データ集めやビジュアル化、
イラストを含め全体の
アートディレクションなど、
たくさんのことを
しっかり仕切ってくださったおかげ。


何と言っても、
優しい笑顔と、
ほんわかユニークな山口弁。


ささくれだちそうになっていた
私の心(笑)も、毎回、あっという間に
和やかになりました(^0^)



だから、
すっごい大変だったけど、
すっごい楽しかった(^0^)ノ





昨日、水曜会という、協会の飲み会で
打ち上げをしたんですが、


集まった皆さんは、
同時期発売のコチラの本、

本調子2



の話題で、最初は持ち切り!
『駆け込み本屋』のほうはヒジョーに
「分が悪かった」のですよ。



…というのも、
「本調子鵺」のほうは
すでにドクスメさんに入荷済みで、
山と平積みされているのに対し、
(私も買っちゃったけど・笑)



「駆け込み本屋」のほうは、
まだ見本が数冊あがっただけ!という
できたてホヤホヤの段階。




だけど、
「駆け込み本屋」の見本を開いた瞬間、
皆さんの表情がパァッと盛り上がる
のがわかるんだよネ。


これは、きっと
「ビジュアル重視作戦」の
成功に違いな〜い。
幸先いいですゾ(^^)v!



それだけじゃないんです。
最後にもうひとつ。


この本には、
スペシャルなおまけがついているのです。


お買い上げいただきましたら、
ぜひ、カバー表紙の「のれん」を
「くぐったつもり」で、ぜひ、


カバーをめくってみてください。


表紙小さいの

そこには…


 持っている本にご注目↓)

佐伯さん





佐伯さん



佐伯さん


佐伯さんは、なぜかこのおまけを、
とても気に入ってくださり、
熱く熱く、飲み会参加者の皆さんに
おすすめくださったのですが…



…んっ(笑)!?


なんだろ? 


ハッキリ見えない??


 

フフフ♪ つづきは、
お買い上げいただいてからの
お楽しみで〜す(≧▽≦)



ドクスメさんでは、全国に先駆けて
5月27日くらいから並ぶそうですよ。

「本調子鵺」ともども、
どうぞ、よろしくちゃ〜んっ!



(ちなみに読書普及協会の、
5月刊行の本はもう一冊(^^)

涙のシャンプー

「涙のシャンプー 美容室で出会った、
        人生を変えた15の物語」
著:松本望太郎(学研)

イラスト、こちらはパステルタッチ
で書かせていただきました♪

こちらも出来上がり次第、
お披露目させていただきますね!


JUGEMテーマ:オススメの本

紀尾井町AUX BACCHANELES
  ↓ ↓ ↓

 

 

東京、紀尾井町「きおいちょう」…。
 
かつては
徳川家や御親藩のお屋敷町で、 
 
現在はその跡をいかし、ホテルニューオータニ、
赤坂プリ、 上智大学などが鎮座する、
閑静な地区となっている。  
 
 
それにしても、
高級ホテルというのは、
ありがたい場所だ。

 
私のような庶民がTシャツ一枚で
紛れ込んだりしても、
誰もつまみだしに飛んで来たりは
しないのネ。

 
珈琲一杯千円のカフェを素通りし、
美しい日本庭園をタダで堪能して、
 
珍しい骨董品などのテナントを、
目を皿のようにして、
隅から隅までウインドウショッピング
していても、

 
文句を言われないどころか、
どなたもにっこり笑って
ドアを開けてくださる。

 
こちらは、ふかふかの
高級絨毯の上を歩くだけで、
キラキラと華やいで、
なんだかやたらと気分が良い。

 
そんなわけで、この辺りは、
すっかり物見高い庶民(=私)
の休日の定番コースになってしまった。 

 
ある日もそんなコースを経て、
ホテルの外へ出た。

 
時刻はまだ帰るには、少し早い宵の口。
ぷわんとあたたかい初夏の
陽気に、なんだかワケもなく
ワクワクしてくる。  

 
…と、ふいにある風景が
立ち現れ、私は心を奪われた。

 
「うわあ! ゴッホの絵みた〜い!」

 
群青の気を背景に、黄色い幸せな光に包まれた
オープンカフェが、 そこにあった。
入ってみたいと思ったけれど、
見れば外国の人も多い。

 
かつて、
アメリカはニューヨークに住んでいた頃、
ドキドキしながら通ったお店と同じような、
「本格的」かつ「大人のムード」
の匂い…

 
ワイン好きならいざ知らず、
今日の自分ではちょっと
気後れしてしまいそう…。 
 
そこで、気を取り直して数日後、
ブーランジェリー(パン)の
テイクアウトを試し、
帰り際に、さり気なくランチの
お値段と内容をチェック!


 


 
すると、え? 見間違い?
 
なんとたったの950円! 

 
嘘でしょ? 
ホテルの珈琲より安いではないの!

 
さらによく見ると、
プラス250円で、
白ワインか珈琲を一杯、
追加オーダーできるみたい。

 
…っと、
いけない、いけない、
思いきり庶民の地が出ちゃいました☆

 
とにかくこれで肩の力が抜け、
以降、やっと憧れのテラス席で、
のんびりランチを
堪能できるようになった。

 
聞けばここは、
パリにある「キャフェ」を
そのまま再現したお店だそう。

 
いつかきっと、夜に来よう。
そのときは、やっぱりデートでしょ♪

 
        
(↑380円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、お読みいただきまして、
ありがとうございました。
 
これからの季節、
オープンカフェで過ごす
時間は最高ですね(=^0^)

 
4月中旬はちょうど「八重桜」が見頃です。
よろしければ、ぜひ、
お友達や彼氏彼女を誘って
訪れてみてください!
 
きっと喜ばれると思いますヨ。
 
♡このほかのイラストルポについては…こちらへ

 
JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

 

保存保存

保存保存

紀尾井町のオープンカフェへ
オーバカナル


みなさま、お待たせいたしました(^0^)

今回の「絵と文エッセイ」は
紀尾井町のオープンカフェ「AUX BACCHANELS」
(オーバカナル)を取り上げました。


千代田区の紀尾井町という町を 
ご存知?

紀は、「紀州徳川家」の紀。
尾は、「尾張徳川家」の尾。
井は、「彦根井伊家」の井。

という、それぞれの屋敷にちなんで
字を取ったという、ものすんごい地名なんですが、

今は日本を代表する有名ホテルや
大学などが建ち並んでいます。



オータニ

2



赤プリ


けっこう、ハイソな感じの所ですが、
意外と庶民のお散歩コースとしても
いけている! …ということを今回は
テーマにしてみました(笑)


例によって例のごとく、画像が
たくさんなので開くまで時間がかかります。


ゆっくり行ってらっしゃいませ〜!


それでは、
さくらみゆきの絵と文エッセイの世界へ→GO♪





JUGEMテーマ:東京散歩

今日も外カフェ
みどり

カフェを転々とする
私の仕事スタイル。


手持ちのA4バッグはいつも、
画材とパソコンと、
小さな本などでパンパンです。



カフェ 



筆ペン画や鉛筆でのラフ書きは、
人が見てても気にせずに
書いちゃうんだけど、


さすがに色鉛筆やパステルは
使っていると、注目を浴びるので、
家に帰ってからの作業に。


そのギリギリ、外でできる所まで、
カフェでお仕事するのが私の日課です。


何故かと言えば、
やっぱり家で仕事をすると、必要以上に
だらけちゃったり、眠っちゃったりする
からなんだ。


私の部屋は、
朝や昼を過ごすには向きません。


風水で言ったら100%の確率で
「あなたのパワーを奪う部屋です。
 早く出なさい
って言われそうな気がする(笑)


だけど、疲れて帰ってきたときや
風邪を引いたときなんかは
本当に心地よくて、休まる部屋なんですね。


私は風水は知らないんだけど、
きっと、物事には、いつだって
そんな両面があるんだと思うよ。


とにかく、
風水うんぬんを取っても、
試行錯誤をあれこれ重ねた結果、
一番乗れるスタイルとして、
こういう仕事の仕方になりました。


それでもときどき
「毎日コーヒー代をかけるのは
 無駄遣いなんじゃ?」
な〜んて、小っさいこと考えて、
ふと一瞬、不安になったりして(笑)



カフェ


だけどやっぱり、
一人でいられて、一人じゃない、
そんな微妙な、外カフェでのお仕事が
好き。


知り合いに見つかると
かなり恥ずかしいんだけどネ〜(笑)


おばあちゃんになったら、
ぜったいに
カフェの中にアトリエを作ろう!と
決めている私です(=^^)




さ、明日は月曜日ですヨ♪

今週も楽しくお仕事するぞおo(^^)o

みなさま、張り切ってまいりましょ〜



JUGEMテーマ:創作日記
初夏のような
晴れ 

東京は、あっと言う間に、
春を通り過ぎて、初夏の日差しです。



つつじ


わあ! ピンクのつつじ

ピンクの花を見ると、
どうしてこんなに
パアッとした気持ちになるんだろうなあ。


そろそろ日傘も必要な季節です。



それにしても、
今シーズン最後の浅田真央ちゃんの
「仮面舞踏会」、
みなさん、ご覧になりましたか?

よかったね〜!
感動したね〜!!
もう、ウルウルしちゃったよ(T▽T)

この冬も、
真央ちゃんの演技には、
ほんとに勇気をもらったなあ。。。



「もうダメかも!」と思うくらい
忙しいときも、
頭の中に
あの曲と、真央ちゃんの
渾身の力をこめたストレートライン
ステップがよぎると、

「あと一歩粘ろう!」って
思えたもんね〜!


来年はいよいよ
オリンピックです。

大きな舞台ほど、活躍できる真央ちゃん。

何かなことがあると、
かえってその次、大きな飛躍を
する真央ちゃん。


来シーズンも、きっと
真央ちゃんはやってくれるでしょう!

どんな曲を選んでくるのかな♪
今から楽しみでなりません。

ありがとう!! 浅田真央ちゃん!
がんばれ〜!! 浅田真央ちゃん!!



JUGEMテーマ:つぶやき。
簡単に言えないほどに
誕生日に 



今日は、いろんな人にお祝いのメッセージや
プレゼントをいただきました。


いつもとまったく同じように
過ごしているつもりでも、
やっぱり違った日になるアニバーサリー。


1日の終わりが近づくにつれ、


「わたしは奇跡に囲まれているんだなあ!」って
やっぱり謙虚な気持ちにならずに
いられなくなり、


たくさんの方のくださった愛に、
頭を垂れずにいられなくなってきました。



なんでかな。

どうしてこんなにも、
胸がふるえるのかな。



簡単に「ありがとう」って言えないほど、
深いところで、静かに
感動している私がいます。




大切に大切に、
抱きしめたいです。



で…


やっぱり
「ありがとうございます」
なのです。



JUGEMテーマ:つぶやき。