こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< November 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
評判のわるい私




私の仕事は、
じつは前々から、家人に
ヒジョーに評判が悪いのです。



たとえば私は
ここ2週間ほど、
ほんとうに忙しかった。


いや、言うなれば
いつも忙しいのだけど、
ちょっと度を超えてしまった。



それでも
日常生活くらい、
普通に送れるのならば
問題はないのですが、



どうしても、
やっているうちに、
初めて
「すごく時間のかかる過程が
 あることがわかったり」
「どうしても気になる部分が
 出てきたり」



やればやるほど追求したくなって


もちろん、
それでもしめきりは守って。



こうなると、


睡眠は「仮眠だけ」になり、
「どうしても眠い」
というときだけ、
気絶するように布団に入って、
1時間しないうちに
起き上がるようになる。

すると、夜も昼も
なくなってしまう。




もちろん、
晩ご飯も作れなくなる。
洗濯ものを外に干したり、
取り込んだり、
たたんだりする心の余裕も
なくなる。



もともと家人に比べて家事の分担は
かなり少ない。
ただでさえ少ないのに、
ろくな家事ができなくなり、
ろくにお風呂に入る余裕もない。


体調もくずして、発熱で
「インフルエンザか!?」と
いう事態にもなったけど、
お医者さんに行ってみたら、
ただの「食あたりによる熱」
と判明したのをいいことに、
寝込むこともなく、
ひたすらずーっと机に向かう。









こんなとき、
トイレに行くおりに
ふと廊下などで家人に行き会うと、


「ちゃんと寝てるの?
 そんなに根つめて
 やる仕事なんて、
 信じられない」


「うちの家系には
 いないはずよ、そういう
 根つめてやるタイプは」


「それであなた、
 すごく儲かっている
 って言うんなら
 まだいいけど、
 どうもそうは見えないし…

 まったくアナタの仕事って
 安定しないわよね〜。

 そんなことしてたら、
 いつか体こわすわよ。

 毎月きちんと定まった
 収入があって、
 決まった時間に帰れる所に
 お勤めしたらいいのに」


「とにかく、
 この10年以内に
 もう一度
 お嫁に行きなさい!」



良い年したムスメに、
ある事無い事、
矢のように言葉が
降ってまいります。




ああ、


心配から出たお言葉とは言え、


最後の一言をのぞけば、
安定しないフリーランスの
仕事の旦那さんが、
奥さんに小言を言われているのと
ほとんど一緒ですね(T▽T)







でもねえ、





すっごく忙しくっても、


1日に2時間も
眠れなくても、


髪をふり乱して、
目も当てられない
ような顔になっていても、





やっぱり夢中で
仕事しているときって、
心のどこかに、
ニジニジと「喜び」が
しみ出している。





「ああ、こんなことを
 続けていたら
 死んでしまうんじゃ
 ないだろうかーーー」


とか何とか思いながらも、



やっぱりギュイーーーンと
アクセルが入っているって
いうのは
気持ちがいいもので、



余裕があるときの
「心の迷い」などは、
どこかに吹き飛んで、
ただひたすらまっすぐ
「ゴール」を目指す、




それってやっぱり、
幸せなんです。





 何が何でも、
 このゴールに行き着くまでは
 私は走る! 



  走るんだ!!


ってね。







こんな私の
だんなさんになってくださる
奇特な方がいるとしたら…
とぉっっても
大変なことでしょう。

ふぉ〜っふぉっふぉっ。




JUGEMテーマ:つぶやき。

 
エクアドルと銀座
 


キクちゃんから、エクアドル通信が
送られてきました


この写真だと、とてもコワイ感じですが、
実際には、こんな爽やかなお顔をしています。→菊道



きっとエクアドルを来訪されたお母様が
帰国される際に託されたのでしょう。

ありがたいことです



「キクちゃんからだ〜!」と思うだけで、
思わずニコニコしてしまう私。

ホント、人徳だよねえ




さて、中味を見るのは
後のお楽しみにして、バッグにしまい、
雨の中、わたしは
文房具屋をめざしました




じつは

「さあ!いよいよペン入れ!!」

という段階になって、



愛用しているペンたちが、
急にかすれてきたことに気付いたのです。




ここのところ、寒くなったからか
修正液の乾きが悪く、
何本かペン先をダメにしてしまいました。


ペンは、修正液がついてしまうと、
急に出が悪くなり、
どんなにインクが残っていても、
用をなさなくなってしまうのです


わかっているのに、焦っているときは
「このちょっと」が待てないときがあります。
はう〜〜〜


ストックもそこをついてしまったので、
断固としてこの数時間の間に、
新しいペンを補充しなければ
なりません。


…とはいえ、
けっこうどこでも売っている
「お手軽ペン」だからして、
すぐに買えると思ったんですが…


 あまかった


いちばん近所の文房具屋、なし。


そのお店から歩いて25分のところにある
2番目に近所の文房具屋、なし。


次に近いところと言えば…


 地下鉄に乗って、

 その1)神保町文房堂

   か、

 その2)銀座伊東屋

   に行くしかない




こういうとき、皆さんだったら
どっちを選びますか?


私は迷った末に…


銀座を選んじゃいました





わーい♪銀座(^0^)ノ


ほんとは、平日のこの時間に銀座に行くのは、
私でもちょっと
「いいのか? 
 オフの日じゃないのに、
 行っちゃってもいいのか?
 しめきり間近なのに行っちゃってもいいのか?
 もうすぐ夕食作らなきゃいけないのに、
 出かけてしまっていいのか?」
などという気持ちになります。


ましてや近所の文房具屋めぐりの果てに、
右手には
「オリーブオイル、バジルの葉っぱ、
 りんご、しょうが、ほたてだし」
などの入ったスーパーのレジ袋を持ったまんま。


でも、いいノダ!
銀座にいっちゃうのダ〜






気温は8度。
街はクリスマスイルミネーションでキラキラ

雨ふりで傘の花も咲いています。




和光のショーウインドウも、ぐぐっと
雰囲気のある赤に



うーん、良い、良い

賞味10分の銀座。
すぐにトンボ帰りだったけど、
でも、なんか、良かったなあ







さて、
帰宅後、キクさまの報告書を
ざっと拝読。


前に分厚い報告書をもらったときは、
正直に言うと
「うーーーーーん…」
という感じだったんだけど、


今回の報告書は、素晴らしかった!!


ちゃんと
誰の目にもわかりやすく、読みやすく
工夫がしてあって
キクちゃんを応援したくなる仕組み
になっていました。


さすがキクさまです(^0^)


エクアドルでの
残りの修行も、あとわずか。


どうか、思いきり楽しんで、
現地の人を笑顔にしてあげてほしいです。




JUGEMテーマ:東京散歩


お茶の先生のお言葉
 


久しぶりに、神保町のカフェFlugに行きました。





ここは、旅の本や、
小さなアートに関する情報も
置いてある、ちょっと隠れ家的な、
ぬくいカフェです。


神保町では、和み度が
文句なしにナンバーワン
ホントハ、ダレニモオシエタクナイクライ




この時期にはやっぱり膝掛けがうれしいです


ランチだけのつもりが
ついコーヒーを追加注文。




木の温もりのある、扉や机の向こうに、
路地と、
路地のが揺れている
のを見られるのは、


お仕事するとき、和むとき、
もっとも理想的な風景だなあと思います。



つい、ノートを引っ張り出して、
長居してしまった私


ノートに書いてあったのは、
先日のお稽古の際の、
お茶の先生との会話です。



じつは、先日、3週間ぶりにお稽古に
出かけたところ、


体が右側に傾いていたり、
お茶碗の上にかがみこんでいたり、


注意しているつもりなのに、
自分で自分の、からだの中心が取れないのです。


それだけじゃない。


服紗をさばこうと思っても、
指先がモタモタとして、


ただでさえ、うまくないのに
いつも以上に変


足の痺れもひどくて、
自分の足の上じゃなくて、
ものすごい分厚い座布団の上に座っているみたい。。。



そんな私を見て、晋彩先生が
おっしゃったのがこんなお言葉でした。


「仕事が忙しかったんだね。
 ここのところ、だいぶ、急いでいたでしょう?」


私、ハッとして

「はい…。やっぱり出てしまうのですね。
 
 あの…先生

 それは、『心が急いでいた』ということが
 こうして、からだにも出てしまったということ
 なんでしょうか?」


すると先生は、


「そう。心とからだはひとつ。


 心はからだで表現をする。


 また、心にからだも、
 ちゃんとついてくるからね」




…う〜ん…至言。。。。


先生はすべてお見通しです。


そして一言。

「頭で考え過ぎちゃったね」



ひええ。あみ式マッサージの
あみちゃんによく注意される言葉、
先生にもご指摘いただいてしまいました



でも、先生ってすごい方だなあと
思ったのが、最後のこの一言でした。


「誰でもそういうときは、
 時々ある。

 だから、気にしないこと」



せっ 先生…

全部お見通し…というだけでなく、
これからの私のこともお見通し!


何でも気にする私には、
ありがたすぎるお言葉でした。


先生は、ニッコリと
温かくほほえまれるだけ…


なんだか、それからも、
先生の笑顔を思い出すだけで
体の重心が
真ん中に戻ってくるような気がしました。




やっぱり晋彩先生は、
そんじょそこらにはいない、すごい方だと
思います。


どうすごいかと言うと、
なかなか言葉にできないのですが、


仙人のように、ふわふわとしておられるのに、

誰よりもしっかりと大地に座していて、

人間、こういう生き方ができてこそ本物だと

思うほどに「人間離れした」お方です。



お茶のお稽古って地味だし、
何年やってもなかなか上達できません。


この5年の間には、


休みが長く続いたときなどは、
行くのが面倒だなあ…と思うことも
幾度かありました。



でも、どんなに面倒でも行くのです。


どんなに心が焦っていても、

どんなにイライラしていても、

出来る限り、行くのです。


行くと必ず、
心がスーッと
平らかになって、丸くなるから。


不思議な場所です。
お茶室は。


そして、人間でありながら人間を超えた、
不思議な先生です。
吉田晋彩先生は。



ああ、週末に、このことを皆様に
お知らせできてヨカッタ(^^)


来週も、良い週にしましょうね!



JUGEMテーマ:茶道

「まんじうカフェ」のとんちゃん


写真は、カフェ猫の「とんちゃん」です。


世界最大級の明るさを誇る太陽の化身
お気楽女神の茂木美里さま
お仕事の打ち合わせをしてきました 
 

とんちゃんの顔に
線が入っているように見えるのは、
机の影が映っているからで、

実際には毛並みといい、色といい、
表情といい、仕草といい、
それはそれは美しい猫ちゃんであります。


とんちゃんは、気付いたら、そっと
二階にやってきていて、お鼻をすりつけて
愛らしさをアピール。


美里さんが「とんちゃ〜ん」と呼びかけるたび、
「ニャア」と小さく返事をしてくれました。


やがて、ホワホワふくふく、
ワッハッハと時は流れ…

打ち合わせも女子トークも
おおいに盛り上がったあとで、
ふと見ると、
向こうの机の、可愛い女性のお客さんの膝の上に
気持ち良さそう〜に落ち着いている
とんちゃんを発見!

「うわあ〜!! いいなあ♪」


とか、声を上げながらみていたら、
なんととんちゃんは、
こっちを見ながらその方の膝から降りて、
こちらにトコトコ歩いてきたかと思うと、


美里さんのお膝に乗ってくるんと
丸まったではないですか!

そして、至福の表情〜





「うわ〜、いいな〜!!!」


と、また私は絶叫。


やがて
しばらくして…


とんちゃんは
ふと顔を上げたかと思うと
今度は私のほうへトコトコ。。。



(ええっ これは

 ひょっとしてーーー?)



思わず、抱えていたバッグを降ろして
「とんちゃん、私の所にも来てくれるの?」
とうわずった声で空間をあけると、


待ってましたと言わんばかりに
とんちゃんは、
膝に乗ってくるんと丸まり、
腕とからだのすき間に顔をうずめて、
のどをゴロゴロゴロ…


 ドッカーーーーン!!



 ああ〜、とんちゃん!!
 
 幸せ、ありがとう〜(T▽T)


  さくら思わず溶けました。。。



どう考えても、
人間の言葉や気持ちがわかっているとしか
思えない〜☆



このお店には、
ほかにも、「マツ子さん」「スンちゃん」
という美しいネコさんたちがいるみたいです。


お家カフェに、

おいしい、おいしい、
ふかしたてのおまんじゅうに、

サービス心旺盛な美しい3猫ちゃん。。。


 うう、なんてすごい吸引力なんだ〜!


クセになりそ


おかげさまで、打ち合わせも最高に
楽しくて、充実しまくりでしたっ




JUGEMテーマ:東京散歩
日本野球発祥の地
 


私の中学の母校の、すぐ近くにある



ちなみに、昨日の晩、
NHKテレビを「ラジオ」のようにして
音声で聞いていたら、
三宅裕司さんも同じ中学の先輩であったことが判明!




ちょっと嬉しかった



でも、それがきっかけで、
wikiで母校の検索をかけてみたら、



学校の行事(臨海学校とか)が、
私が中学の頃と
全然変わってないのにビックリ!



 えーっと、
 あれからざっと見積もって20年は
 たっているのに。。。。
 (スミマセン、サバ読んで)



もっとビックリしたことには、


「2006年に、校舎の体育館とプールから
 アスベストを除去」

と書いてあるのを発見!!



この校舎って、
私が中学三年生のときに
できたのですよ。


…ということは、



  確実に吸ってるよ、うん。



でも、



昔は、アスベストってきっと、東京では、
至るところにあったと思うんです。



統廃合で無くなってしまった
小学校の校舎も、きっと
アスベストを使っていたと思うし、


そもそも、母サチボンの記憶によると、
うちの近所には「アスベスト専門」を
売りにしている会社があったそうですから、



時代の常識って変わりますよね。






おっと! 話が、大幅に
横道にそれてしまいました。



「日本野球発祥の地」



この間、
この記念碑をしみじみと見ていたら、
あることに気がつきました。



  記念碑の野球の球が、


    "The earth"


  地球になっているです!!



証拠写真↓




う〜ん…


能登半島〜大阪〜紀伊半島のあたりが、

ちょうどボールの縫い目に挟まれて、
かろうじて日本がひっかかっている!?


この反対側には、
アメリカ合衆国が縫い目部分にあって、
やはり、立体になっています。


…というのも、そもそも日本に
野球を紹介してくれたホーレス・ウィルソン
さんという方が、アメリカのメーン州出身の
方だからで、
(日本野球の殿堂にも入っている人だそう)


日米を縫い目でつなぐことで、国際交流を
意味しているんだそうですヨ。


とにかく、
ココから野球が発祥してくれたおかげで、
今の松井や、イチローの活躍や、
日本シリーズの盛り上がりがあるんだよね。



私は、特に野球がめちゃめちゃ
好きなわけではないけど、


野球中継を見て盛り上がっている
男子諸君を見るのは大好き


うちの兄も昔は、
熱烈な野球少年だったからナ〜


子ども時代の記憶って、
どんな小さなことでも、
幸せに直結しているモンです。


  ニッポンの野球少年よ、
  これからもゾクゾクと
  先輩に続いてくれ!



日本野球発祥の地に
感謝です(^人^)



JUGEMテーマ:東京散歩


ワクワクする日のケーキ


東京の樹々もだいぶ色づいてきました







私はけっこうよく夢を見る方で、
夢の中でも、この時期は
色がどんどん鮮やかになっていきます。













夢には、現実の私の心理状態が拡大して
あらわれるので、
いつも「ほんとに面白いなあ〜」
と思います。


自分の思いグセや、
生活の中でのクセも、
みんな、そのまんま出てくる。


潜在意識が「先」なのか、
顕在意識が「先」なのか、
よくわからないけど、


どっちもグルグルと一方を追いかけて
ループになって深まっていく感じです。


もちろん、それは
決してプラスのものだけじゃないんだけど、
「そんな自分はいや〜!!」と
認めないのは一番よくないとわかっているので、

「そっかそっか! 
 今、わたしは
 そういうループにいるんだねえ
 おもしろ〜い

などと、まるで、友達が自分に言うように
笑って見ているわけです。




さて、今日はどんな夢を見るのかなあ。


じつは今日は、サチボンさんが
お泊まりでいません。


ちょっと寂しい感じがするのと同時に、

「うっひっひ。何しようかな〜」

とワクワクしたりもしています


上のケーキは、そのワクワクの現れ。ウクク


よく奥さんや子どもたちがいないときに、


だんなさんがエッチなビデオを
(それもなぜか早送りで)
見るという話を聞いたことがありますが、


わたしは、何しよっかな〜。。。



  うーん。何も思い浮かばない



というか、仕事で今日中にやっておきたいこと、
まだ残ってるし



読みたい本もたんとあるし
(ただし、今夜はコワい本はやめておこう)




なんか結局、いつもと同じ夜になりそうです。


 戸締まりだけ、厳重にしとこっと


皆様も、Have a good night 


JUGEMテーマ:つぶやき。
ヒイヤリとして気持ちのいい朝


朝の光の中では、

いつも見慣れた風景も、
ちょっと違って見えてくる。




小さなせせらぎも



 


力強い竹やぶも




かの人が愛でしあの花も




池の上には天使が
冷たい風に羽衣をはためかせるようにして
じいっとしていた。




天の浮橋。

国生みの橋。





朝の光の中では、

すべてが始まったばかり。

なんだか愛おしい。


JUGEMテーマ:朝、、、楽しい

良い人になろうとすると…
ちょっと前だけど、神楽坂を歩いたときの
写真が出てきました。



うーん、味があるねえ、味が!!



まんじうカフェ
「MUGIMARU2」(←サイトの音楽がまた味わい深し♪)
で紅茶まんじゅうを買って、
これから神楽坂をブラブラ食べ歩きです。

「MUGIMARU2」さんのおまんじゅうは、
皮がモチモチで、熱くておいしいのです。
さすが蒸したて



しかし、人っ!! 多いなあ。


たぶんこの日は休日か祝日だったと思うのですが、
みなさんどこへ向かっておられるのやら…





途中でたくさん人が並んでいる
お店を発見!

何を売っているのかな?とのぞいてみたところ…




カツ、フライ類でした。
名物なのかな。




それにしても、神楽坂…


都会の真ん中でも、商店街のある町は
時間が止まって見えます。


生活のあるところでは、

時間はゆっくり流れるものなのかもしれません。



  ああ、私も、

  もっと、ちゃんと生活したいなあ。。。




じつはここ数日、仕事のストレスで
暴飲暴食気味になってしまい、
自分をコントロールできませんでした


今まで、こういうことって
ほとんど無かったので、
ちょっと自分に驚いている。


きっと、年々、
自分に「嘘」がつけなくなっていくんだな。。。


「良い人」でいようとすると、
「良い人」になれない自分に気付いて
たちまちストレスがたまるのです。

私はホントに「格好つけたがり」。

こういうのは、
もういい加減、卒業です。



気持ちを切り替えて、
明日からまた楽しくお仕事しよ〜っと


皆さんも、新しい月、新しい週を、
楽しく過ごしてネ(^0^)ノ

11月は、秋の実りのまっただ中だよ〜ん!


JUGEMテーマ:東京散歩