こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< February 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
そろそろ確定申告



もう慣れているし、
集中してやれば1日半で終わるし、
だいたい、そんなに苦労するほど
複雑な職業をしているわけでもないのです。


でも、なにしろ、
オリンピックモード
とのギャップがすごくて …


  ああ〜〜〜



JUGEMテーマ:つぶやき。
アスリート魂



計算された言葉じゃなく、
その人の「魂の言葉」があふれ出たとき、


人は一番、
こころを動かされるのかもしれません。


真央ちゃんの「悔しい」は、
本当に努力してきた人にしか言えない
言葉だった。


そう思うにつけ、
人間の、きらめくような、
生命の輝きと可能性を思い出して、
胸がふるえてくるのです。


小さなアスリート魂を、
私も持とう


さあ、
明日は、エキシビジョンだ(^0^)
楽しみ〜
間もなく王様のブランチ♪
ただ今の東京は雨 あったかいです。
本日9時半からのTBS「王様のブランチ」、
最初のコーナーに、「読書のすすめ」清水店長が
登場で〜す(^0^) 見てね! 



(追記)
↓…で、放送された映像がコチラ!!




JUGEMテーマ:オススメの本
真央ちゃんの「悔しい」はかっこよかった!



 


あらためて惚れ直しちゃいました。



「素晴らしい演技だったし、
 最高の銀メダルだよ!」


と思っていた私は、
真央ちゃんは、
ちょっと残念そうな顔もみせながらも、
いつもみたいに前向きな感じで、
ニコニコしながら、インタビューに
登場してくるんだと
思っていました。


ところが、


言葉がつまるほどの、涙、涙、涙…


すさまじい迫力で、

「トリプルを二回飛べたのは良かったけど、
 良かったのはそこだけです。
 全然満足してません! 悔しいです。」

唇をふるわせて
言い放ちました。



そうか。そうなのか。

そんなに悔しいものなのか…




メダルの色じゃなく、自分の演技に
納得できなかった真央ちゃん。


真のアスリートとは、


凡人の予想などはるかに超えて、
どこまでも、高い所を目指していくんだね。



ありがとう、真央ちゃん、
感動した!!


真央ちゃんにこの後、
ものすごい成長があるのは、
間違いありません。


今から楽しみでたまらないよo(^^)o



皆さんも、真央ちゃんのインタビュー、
演技終了直後のと、表彰式の後のと
2回ありますが、ぜひ、両方とも、
テレビで見てみてくださいね。



何が何やらドキドキソワソワ


イタリアンレストランの店先の鉢植え。

ほんのり香って、皿上の世界を
揺らがします。



ほんのり揺らがされた世界↑




さて…



真央ちゃんは、明日も100%、
自分の演技を滑りきると思う。


きっと自分に勝つと思う。


それはすでにわかっているんだ〜。




でも、だからこそ…


だからこそ金メダル


獲らせてあげたい!




真央ちゃん、がんばれ〜!!






 
本のソムリエ、清水克衛店長、王様のブランチに登場(^0^)
最近流行の(!?)、エンジェルしみず店長↑



((お知らせ))

王様のブランチで、本のコーナーを
見るたび、


「そろそろ店長も、ブランチに
 出て良いころでしょ〜」
と、ひそかに思っていた私。


実現だよ〜♪


「読書のすすめ」の本のソムリエ、
清水店長が、
今週土曜日の「王様のブランチ」(TBS)
に出演します。




私は「王様のブランチ」は
のコーナーと、
Liliko姉さんの映画のコーナーが好きで
ときどき見ています。



番組は朝9時半スタート!
本のコーナーがいちばん最初。



みなさまお見逃しなく〜!


ちなみに、「読書のすすめ」さんって
私の絵や写真でご紹介すると、こんなお店です
      →記事へ(^0^)ノ



JUGEMテーマ:オススメの本


小魚くんの命

仕事のおともに、
でん六のアーモンドフィッシュ(^0^)
100円です

でも、こうしてあらためて絵にしてみると、
たくさんの命をいただいているんだな〜と思う。
しかも、一口で一気に何匹も!

今まで無意識に食べてきたけど、
片口いわしくんたちにも、
本当はきっと、一匹いっぴき、何か
主張があるに違いない。 

その声は聞こえるはずもないけれど…

でも、
耳をすませてみたくなりました。


JUGEMテーマ:今日のおやつ


岩崎弥太郎の生誕地



龍馬伝の準主役、岩崎弥太郎さん。

その生誕地は、高知城のある市内から、
くろしお鉄道というのに乗って、
室戸岬のほうに、50分ほど行った「安芸(あき)」
というところにあります。


近所に阪神タイガースのキャンプ地があるので、
ファンの方はよくご存知かもしれませんね。


最近の龍馬伝でひんぱんに登場するので
思い出したんですが、
実は私は数年前、ここにひとり旅を
したことがあるんです。



安芸は、鄙びた感じの、
静かな静かな田舎町でした。


そのときのルポがありますので、今日はそれを
ご紹介しようと思います。


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にも、
弥太郎さんと父の弥次郎さんは頻繁に登場するので、
もちろん私は当時から
弥太郎さんにも、親近感を持っておりました。

だから当然、弥太郎さんの生家にも
行きました


さすがに今は、三菱財閥創設者を思わせる
立派な構えになっていますが、あたりは
道幅がせまくて緑が濃くて、なんだかいい雰囲気で、
私は一人、やわらかい気持ちになったのを
覚えています。


ルポでは、どうしても弥太郎さんの人となりを
説明をするスペースがなく、
割愛しちゃったのですけど… …ゴメン


でも私は龍馬伝を見るたびに、
「ああ、あそこだ〜。なつかし〜」
と浸ってしまうのです。


そうそう、そういえば昨年、
高知に取材に行ったとき、


「龍馬のふるさと記念館」に、
龍馬さんの実家の立体模型があり、面白かったので、
写真を撮ったりしながら
じ〜〜〜っくり見たんですね。


 中庭があって…

 棕櫚の木があって…


だから
龍馬伝に、龍馬さんの実家の映像が出てきたときは、
おおっ!と思いました。



だって、
立体模型そのものだったから!

さすがNHKの熱血大河ドラマ
制作班の方々、
忠実に再現されています。



昨年の龍馬ブームで、私も波のまっただ中に
いましたが、


正直なところ、世間が龍馬に沸き返れば
沸き返るほど、
自分の中の大事な龍馬さんが
どんどん遠のいていく感じがあって…

どうしようもなかった。


龍馬本があふれ、
誰もが情熱のありったけの思いをこめて
工夫をこらしている。

でも、そこにはそれぞれのとんがった
思い入れだけがあってつながりがない。


そういう本じゃない本をわたしは作りたいと
思った。



だから逆に、
龍馬伝の第一回の放送を見たときの感動は
忘れられません。


「良いドラマだなあ。

 福山龍馬は、格好良すぎるんだろうけども、

 史実ともぜんぜん違うんだけれども、

 でもそんなの関係ないや。

 これは、ものすごく良いドラマだ!」


とふるえるように思いました。


その感動は、
今でも毎回続いています。


また、香川照之さんの弥太郎は
イキイキとして、濃い!


刀が錆びてて、
なかなか抜けなかった所なんて
(しかも、何度も出てくる!)
弥太郎の役を深いところまで
考えているんだな〜って感心しちゃいました。


また、
刀が抜けない所に、
たっぷり過ぎるほど時間をかける、
その「間」の取り方も、
素晴らしかったですね。



安芸のルポは…→コチラです。






たまには本のタワーを分解


どうやって3分の1に減らしたかといいますと、

「近所のリサイクルボックスへ持って行く本

「古本屋の越後屋さん行きボックスに入れる本

「押し入れボックスに入れる本
 (捨てるに捨てられない本はここへ)

と分類していきます。

すると、さいごに
「これから読む本」と「再読したい本」が
残るので、これをキレイに棚に入れます。


  ん〜、もうスッキリ



もっとも、本のタワーはまた
みるみるうちに復活していくので
気は抜けません。


イラストに描いた本は
昨年末、本の越後屋さんで再会を果たし、
お買い上げしました

越後屋さんのHPをご覧になっても、
ブログなどあまり更新されてないな〜と
思われるかもしれませんが、
ぜひお店にも直接行ってみてください。→地図
良い本がいっぱいですヨ!



JUGEMテーマ:オススメの本
さくらスチーマー



スタバでは、
ときどき、
こういう嬉しいプレゼントが
ありますね!


さくらスチーマーの詳細はコチラ


JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店