こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< June 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
わたしの優先順位


ね・れ・る…


今回は

「こんなに弱ったからだで旅に出ても
 大丈夫なんだろうか?」

という心配と抱き合わせの旅でした。


旅はもちろん、最高だった!
宮崎は、どこも素晴らしくキュートな南国で、
人情は篤く、
たくさんの大好きな人たちに
出会うことができたし、
神聖な場所でいっぱいマイナスイオンを
浴びることもできました。


ただ、旅と切り離して考えても、
たぶん、ここ一ヶ月のあいだ、
私は人生で最大に、
無理をしてしまったなあ…
と思います。


人はなぜ、ときに無理をしてまで、
何かをしようとするのか?


亡くなった父のことも
思い浮かべて、私は考えました。


人によっていろんな事情があると思う。


でもそういうとき、
それはその人の生き方と密接に
結びついていて、
決して「つらさ」だけじゃない何かが、
「喜び」や「達成感」や
「笑顔にしたい相手があっての優先順位」が
あるんだと思います。


だから、
「多少無理してもやり抜く」
「多少無理しても行く」
と今回、私の魂は、決めていた。


それは即決というよりも、
潜在意識の中ですでに優先順位は
決まっていたという感じで
何の迷いもなかったわけです。


もっとも、
若い頃と違って無理した分を、
からだが吸収してくれるわけではなく、

無理したら、無理をした分、何かがあるものです。
良いことも、悪いことも…。


今はただ、少し、ゆっくり休みたいなあ。

…と書いた瞬間、

からだの芯がほっとゆるんで
自分でもびっくりしています。

よっぽど私の深いところからの
言葉なんだろうな。


いっぱい眠って、
少し頭に余裕が出てきたら、

それから、また、いろんなこと、
考えよう。



今日ここに、
「寺田屋かいぎin宮崎」のルポや写真を期待して
見にきてくださった方がいたら、
ごめんなさいね。


「寺田屋かいぎin宮崎」の写真は
今後、頃合いを見て、
少しずつアップしていきますね。



間もなく搭乗(^o^)/
100627_1936~01.jpg
この時間でもまだ明るい宮崎です。
楽しかったあ♪
ありがとう!宮崎のみなさん(*^_^*)
くしふる神社です
100627_0858~01.jpg
すごい!まさに聖域です
宮崎空港につきました
100625_1309~01.jpg
風景が南国で、なにをみてもいちいち感動しています。

雨、じゃんじゃん降ってるよ〜。
それもなんかステキだ。

空港からJRに乗って宮崎駅をめざします。
朝のコーヒースタンドにて
100622_0923~01.jpg
朝から甘いカップケーキがたべたくなって、
通勤の皆さんに混じってモーニング。
(というか、2度目の朝ごはん)

ようやく最後の山場が来て、
向こうにうっすらと終わりの光が見えてきた。

  じょ〜ん(T▽T)

今回ばかりは、本当にきつかった。
でも、あともう一踏ん張り。o(^-^)o


元気です
090629_1756~0001.jpg
元気にしております。
ただ、ついにブログ更新の1時間、
いや、30分も
仕事に注ぎこむしかないというくらい、
追い込まれてしまいました〜。

今はひたすら走り続けます。

アリナミンブイ&ブイが強い味方です(^-^)g"


移りゆくからじっと見たい


前回の記事でアップしたお祭りの支部を、
夜、通りかかったときにも撮ってみました。

赤と白が鮮やかで、
ちょっとドキッとするね。




こちらは、靖国通り沿いの別の支部。




ビルの前におみこし、
まさに東京の風景です。




でも、
おじちゃん、おばちゃん、
若者たち…、


人を見ると、どの街でも変わらず、
「寄り合い」って感じで、
「人情の気配」がしますね






それにしても…





人がいないなあ…



じゃなかった、

日が伸びたなあ。



この写真を撮ったのは、
夜の7時14分。

今夜は新月だそうです。




昼間歩くのと違って、
夕暮れどきの、
微妙に変わっていくこの頃合いの色というのは、
どこを見ても、
ハッとするほど美しいです。




マンション群の中に
ポツンと一軒だけある、
八百屋さん。

いつ見ても、何か、
心をかきたてる風情があります。


このお店の前を通ると、プアンと
南国の果物の香りがするのも好き。





しかし、
日が伸びたと言っても、
ご存知ですか?みなさん。


今年の夏至は6月21日で、
その日を境目に、そこからはどんどん
日が短くなっていくのですよ。


つまり、あと10日足らずで
折り返し地点というわけ。


  速いよねえ、速い…。


来週の東京は、
いよいよ梅雨入りだそうですよ。


少しずつ、確実に
変わっていく季節。


その一瞬一瞬を味わえる、静かで豊かな心を
持ちたいなぁ。




宮崎を応援しよう!
宮崎「口蹄疫」の情報を正しく知れる
Soyumiさんのハートフルなブログはこちら



JUGEMテーマ:東京散歩


ゲゲゲのさくら






私の場合、手厳しいとは言え、
相手がサチボンだからいいけど、


お母さんで仕事をしている人って
本当に大変だろうなあと思います。

本当に偉いと思う。


最近「ゲゲゲの女房」を見ている方から
「あなたもあんな感じ? 大変ねえ」
と言われることがありますが、


いやー、あれはあれで、さすが男性というか、
さすがに最近の私には、
あそこまではできないです。
以前は徹夜も当たり前だったけど、今は
体力がぜんぜんない。


でも、水木さんほど、
何もかも振り捨ててマンガに夢中になれたら、
すごいと思いますよ。
私はどうしても雑念がいっぱいだからなあ☆



「そげですか」

…と言ってしまいそうになるあなたは、
かなり「ゲゲゲ」にハマっている方ですね、ふふふ。



写真は、近所の祭礼の準備のようす。
今、街のいたるところに、こういう支部が
出来ているのですが、そのそれぞれに
ちゃんと神棚があるのですね。
ちょっとビックリしました。



宮崎の口蹄疫のこと、気にしておられる方、
多いと思います。
今日は私も、宮崎のSoyumiさんのブログと
そこからジャンプできるムッチーさんのブログを見て
涙が止まりませんでした。
募金くらいしかできないけど、一緒に
見守っていきましょう、宮崎のこと。
  

宮崎を応援しよう!
宮崎「口蹄疫」の情報を正しく知れる
Soyumiさんのハートフルなブログはこちら



UGEMテーマ:アート・デザイン
ひとりで900冊買った人がいるという本


さて、先ほどの続き。

タレントの皆さんが、興味しんしんで
見守る中、本のソムリエの清水店長が
紹介したのは…



 

「ぶらり日本歩き旅」著森崎英五郎

…もとい!?(これも良い本で、
大好きなんですが)






『「福」に憑かれた男』
(総合法令出版)著:喜多川泰

でした(^0^)




「最後のしめに清水せんせい(!?)、
 何か一言…」
と言われて、清水店長は




「そうですね、本は心の栄養剤なんですね。

 ごはんを食べて体を養うように、時々は

 本を読んで感動して、心を養いましょう」


ゲストの皆さんは
「ナットク納得!」
のうなづきっぷりでした♪


おもしろかった〜(^0^)ノ


喜多川泰さんの本、
「福に憑かれた男」は、私も読みましたが、
グイっと引き込まれて、
ハラハラしながら一気に読んでしまい、
最後はぐっときて心にしみわたり、しかも
日頃の仕事のしかたを振り返る役にも立つという、
一冊で味わえるものがすごく多い、
思わずうなる小説でした。


「人生を使って、
 あなたは何をしたいのか?」

900冊買って人にすすめた人がいる!
というのも、すごくよくわかる本。

ぜひぜひご一読を。
決して読んで損はないですヨ。




そして、
コチラもよろしくちゃん
本のソムリエ、清水店長の最新刊。
  ↓

「商売はノウハウよりも『人情力』
著:清水克衛 絵さくらみゆき
現代書林「元気が出る本出版部」刊


開いてびっくり、読んでビックリ♪
すっごい元気が出る本だよ(^0^)ノ




JUGEMテーマ:オススメの本


本のソムリエ(^_^)v生放送中(1)
100608_1237~02.jpg

「読書のすすめ」の清水店長が、
生放送の日テレ「DON!」に登場。


20分くらいの長丁場なのに、
ヒデちゃん相手に、
生放送が初めてとは思えないような
スラスラトーク、さすがだなあ!


「一人でこの本を
 900冊も買った方がおられます」
という本が、最後にとっておきのおすすめとして
紹介されていました。(→次の更新でご紹介します)


JUGEMテーマ:オススメの本