こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< November 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アースしました(^0^)



ふーーー。おもいっきりアース!




「ここ2ヶ月、



 いろんなことがあったけど…



 ああ、生きているんだなあ、わたし…」





と思った瞬間でした。





 


ニューヨークのセントラルパーク


…にそっくり!!


でも、


ここも皇居の一部なんですよ





だいぶ寒くなってきましたが、


お日さまの光があたっている所は、ぽっかぽか!


すごく気持ちが良かったです。



周りを見渡すと、
路上生活のおじさんらしき方も
寝ているのですが、



それ以上に多いのが
巡回中の、警察官の皆さん。

治安はどこよりも安心です。




芝は刈り込まれて、
落ち葉の散り具合もほどほどに
よろしく、


人はみな、のんびりとしていて、


ペット禁止区域にて、フンも落ちていません。


つまりお昼寝には、絶好の場所!?



…って、寝てちゃ、
ウォーキングになりませんね



それにしても皇居周りは、
どうしようかと思うくらい、
ネタが豊富です。




美しいので写真も増え、
ブログネタもつい、
皇居のことばっかりになってしまいます。




ほんとは、一日のうち、
ここにいるのはほんのわずか
なんですけどね〜。




でも、まだまだ、皆様にお見せしたい
皇居の写真やおもしろネタがいっぱいです。




JUGEMテーマ:東京散歩


ワンツーワンツー♪一万歩♪



時刻と歩数だけが
表示されるシンプルな万歩計。


一万歩を歩くのに、
まだ3回くらい休憩しないと、
歩き通せないけど


この小さな青い友達が、
大きく私を元気づけてくれています


新しい週も、ウォーのお供で、
どうぞよろしくちゃん(^0^)ノ





それでもあなたは光ってる
花web.jpg



浅田真央ちゃんが苦しんでいる。 



何の言い訳もしなかった、絞り出すような
インタビュー。


その気持ちを考えると、何も言えなくなる。




「これは成長のためのステップだよ」
なんて、ありふれた言葉は言いたくない。
そんなこと、真央ちゃんは十分わかっている。


いろんなこと、わかっていても、
それでもうまくいかないから、
つらいんだ。


それでも、




それでも、
真央ちゃんは、いつだって、ちゃんと
乗り越えてきたから。




今は、ただただ、何も言わずに
応援し続けたい







味わう幸せ♪




空飛ぶ干物みたいになっちゃったけど、

天日干しの間、

アジは、空を飛んでいるのだから、

これでいいのだ♪



それにしても、

晩ご飯は、シンプルが一番ね〜(^0^)ノ


干物、味噌汁、香の物(できれば白菜の漬け物)、

それに炊きたてご飯



私、他、何にもいらなーい♪



支度は、他の料理と比べても、

あっと言う間にできちゃうのに。。。



日本人の食卓って最高です!







目が離せない
 























関東大震災を、


奇跡的に生き延びた、


樹齢150年のいちょう。









あなたが


そんなにも美しいのは、



かつて傷ついた過去があったからですか?










夢みたい…







夢みたいに美しいあなたを見ていると、


心、ふるわされる。





たとえ金色の葉っぱが、


全部落ちてしまっても、



これからも、命、輝かせてね!






JUGEMテーマ:東京散歩

皇居ウォーカーは見た!






先頭と末尾にパトカーを控え、
9〜10台くらいの車が
しずしずと通り過ぎ、

二重橋を渡ってゆっくりと
皇居の中へと入っていきました。


「ご公務」のお帰りかな?


きっと、あの10台のうちの真ん中の1台だけに
宮さまが乗っていらっしゃるのでしょうね。


なんか、急に良いものを見た気になっちゃって、
私もミーハーだなあと思いました。









これは、びっくりしました。

ニューヨークの騎馬警官が、
日本の皇室にも導入されたんだろうか…!?


急いで近くにいたポリスメン(警察官)に
お話をうかがってみると、

「ああ、あの馬車はですね、

 外国の大使が、天皇陛下に謁見されるときに、
 よく使われるんです。

 天気が雨でない限りは、
 車ではなく、馬車で大使をお迎えに上がるんですよ」

とニコニコ教えてくださいました。


なるほど〜!! 勉強になるっちゃね〜!!









  …………








  ………ぬおーっ! 




サチボン、

可愛くナーイ!!









あんなに冷めていたサチボンが
懐かしがった場所。


それは、
「三宅坂」の交差点。




イチョウの後ろの建物は「最高裁判所」で、
この写真を撮っている私の後ろが
「皇居」です。


サチボン曰く

「私がムスメの頃ね(若い頃という意味)、

 このカーブで、都電から、
 振り落とされちゃったのよね〜」



へええ〜。


サチボンを振り落とした都電は、
もちろん急停車

運転手さんを始め、たくさんの人が
「大丈夫かっ!?」
と降りてきて、
娘サチボンの周りにわらわらと集まり、

それはたいへんな騒ぎだったそうです。



サチボンは脳しんとうを起こしたものの、
幸い、大事には至らず、
すぐに気がついて起き上がり、そのまま
築地の家まで歩いて帰ったんだとか。


「都電の運転手さんが、
 家まで謝りに来てくれちゃってね。

 運転のせいじゃなくって、
 私の乗り方が、悪かったに決まってるのにネ!
 アッハ☆」


ハイ、きっとそうだったことでしょう、
私もそう思いますよ〜、サチボンさん。


それにしても、面白い。

考えてみれば、今、皇居のぐるり(周囲)で、
大きな道路になっている所は、
み〜んな、都電のあった名残りだったという
ことですよね。


銀座から日比谷を通り、
   三宅坂から青山方面へ。

御茶の水から、銀座方面へ。

神田須田町の交差点から、
神保町、九段坂上を通って
    三宅坂方面へ。


サチボンがムスメだった頃の風景は、
今の私たちからすると、きっとレトロで
ステキだったんだろうなー。


 (そしてその頃はもう少しサチボンも
  可愛い言葉を口にしていたことでしょう。。。)


とにかく、毎日2時間のウォーキングで
皇居と急速に親しくなってきた
皇居ウォーカーの私です


JUGEMテーマ:東京散歩


壷、ばける?


もう十年以上、私の仕事机の上にある砂糖つぼ。

たぶん、イタリアで買ってきた子。
とてもお気に入り。


でも、お気に入りすぎて、

キッチンとかじゃなくて、
ずっと手元に置いておきたくて、

何か仕事のものを入れなきゃということで、
「とりあえず」
文房具をいっぱい詰め込んでいました。


だけど、その「とりあえず」がえんえんと
続き…


何を詰め込んだのかなんて、
すぐ忘れてしまい、


何度かは中味を入れ替えたものの、
結局、いつも置きっぱなしになってしまってて




で、先日、ついに決断

  中に入れる物は、一個だけにしよう。

  それもうんと良く使うもの!



…かくして、
シャチハタさんが入ることとなり、

初めて役割らしいものが決まって、

つぼも、私も、ようやくホッとしています。



   





でもさー、変だよね。


お気に入りのものだからこそ、
シンプルに使えばいいのに、


お気に入りだからって思うほどに
「とりあえずアレもコレも…」になっちゃって、


こんなことに気付くのに、10年以上かかったなんて。



役割がシンプルになったら、


ますます存在感が増して、
思わず、絵に描きたくなりました。






 
皇居ランらん
東京に黄砂がやってきた日…




ええい!


控えおろう! 控えおろう!


DSCN4606_2108.JPG


ででん!



DSCN4621_2093.JPG


この門は、世にも名高い
「桜田門」でござるぞ。


DSCN4617_2098.JPG





でも、きっと

井伊直弼さんだってびっくり。



だって…






皇居をぐるりと取り囲むのは、
大名行列

じゃなくって、
車の大行列!




DSCN4620_2094.JPG


門外に待っているのは、
世界中からやってきた人々で、



DSCN4607_2104.JPG

まっすぐに門へと
駆け込んでくるのは、
同藩の士ならぬ、ランナーの皆さん。





ちなみに、




黄砂にかすむあの建物は…







「こら、えらい世の中になってもうたわ〜」(←何弁?)



でも、直弼さん。


私が一番びっくりしたのは、これでした。



桜田門の第一の門「高麗門」を通り抜け…




DSCN4615_2096.JPG


う〜ん、風格あるぅ〜!



DSCN4609_2106.JPG


紅葉を愛でながら、直角に曲がって、




DSCN4614_2100.JPG

ワクワクしながら、
桜田門の第二の門「渡櫓(わたりやぐら)門」を
通りぬけると…



そのまんま、
DSCN4608_2105.JPG


まっすぐ、
皇居の外に出てしまったこと!




あ〜〜れ〜〜〜っっっ!!!




そう、桜田門は、



今は、皇居に通じる門ではなく、
「皇居の前を素通りする門」なのでした。



そういえば、確かに
日比谷の「出光美術館」からも
桜田門が真正面に見えます。

日比谷側からも、警視庁側からも、
正面に見えるってことは、やっぱり
通り抜けになってるってことなのです。




もしこのことを知らなかった
桜田門ファンの人がいたら、


夢をこわしちゃってゴメンナサ〜イ。



でも、私、
千代田区在住歴、かなり長いのですが、
今更知ってびっくりしちゃったわ。






もっとも、
桜田門の内堀には、白雪のような
白鳥さんたちもお休みですし、





門の造作も、細かく見れば見るほど
ステキです。


ただ通り抜けるのだけでも、
十分、醍醐味は味わえますよ。



それに、皇居ランナーにとっては、
こんなに立派な門をくぐってランできるなんて、
たまりませんよね〜。




そして今は、皇居がとっても美しい季節です。




DSCN4598_2116.JPG


(↑国会前の交差点から、桜田門と日比谷方面を見た景色)



(もう少し遠景から)





DSCN4596_2118.JPG


(↑三宅坂付近)



DSCN4589_2125.JPG


(↑半蔵門付近、黄砂の飛んでいない日に)



DSCN4588_2126.JPG

(↑お堀の水キラキラ、英国大使館前)



DSCN4587_2127.JPG


私は、皇居ランならぬ、
皇居ウォー専門で、

(ウォーとは、ウォーキングのことですよ、ウォー!)

それもまだリハビリ中なので、半周だけ、
のほほんと歩いているので、
他の方々と違って「お散歩モード」ですが、
とても楽しませてもらっています。


車の通りが多いので、空気は悪いですけどネ


でも、毎日歩いているうちに
歩幅が大きくなってきて、
ほとんど通勤途中の人と変わらないスピードで
歩けるようになってきました。

体力が少しずつ戻ってきたみたいで、
やっぱり嬉しいです。


これから寒くなっていきますが、
皇居ウォー、続けますゾ! ウォー!!



JUGEMテーマ:東京散歩

一杯のよろこび




あれだけ好きだった珈琲だけど、
胃をこわしそうで、しばらく敬遠していました。


いや、本当のことを言いましょう〜。

胃をこわしてしまったのです〜〜。

理由は…
病気と手術、入退院などのストレスですって
ストレスだなんて、なんか、
ちょっとくやしーなっ。

 

でも、今日は寒かったので、
久しぶり(一ヶ月半ぶり!)に
ちょっとだけ、飲んでみたら…


良かった 
ちゃんと美味しかったです♪てへへ。






また土曜日が来たんだね



母と毎週、交わす言葉。
「また土曜日が来たわねえ」

土曜日は私が退院した日です。


思えばあの日、母サチボンは、
電車やタクシーの座席で、
苦しそうにあえいでいる私の手を
ずっと握っていてくれました。


母と手をつないだのは、
記憶にないくらい、久しぶりのことでした。


で、このことを私は
一生忘れない、
忘れられないと思うんですよ。