こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< February 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
最速!?ラストランニング♪

いろんな所にツボを感じ、
ぼ〜っとしながらついつい
ゴールまで観戦してしまいます。

 
「そり」の競技はどうも
個人的に好きみたいです

 
ところで皆さん、
オリンピック競技の中で、
スピードが最速の競技とは何か、
ご存知ですか?

 
以下、NHKアナウンサーの解説
から引用します。

 
4位 スケルトン
(頭を先頭にしてうつぶせで
 滑るソリ。ヘルメットの
 デザインも話題に)
131.1km/h



 
3位 スキー滑降
134.8km/h

 
そして、なんと2位が、
このボブスレーで 
135km/h


 
そして1位は…
あの…
リュージュ二人乗り!
144.5km/h!

 
ダントツ!
(先日の記事↓より)


 
足がブランブランのまま、
オリンピック競技最速のスピードで
走り抜けるって、
どれほどなんでしょうか!?

 
そして、頭を先頭にしたり、
後方に置いたり、
 
ソリの上に、
仰向けになったり、うつぶせに
なったり、
 
二人、無理矢理重なってみたり、

 
どう見ても棺桶一人分くらいの
小さなソリに、
4人もの大男がぎゅうっと
おさまって走ったり…

 
「そり」だけでも、
あらゆる可能性を試みる人間って、
どんだけなんでしょうか?
 
面白すぎる!

 
夏のオリンピックと違って、
冬は「氷の力」を借りる競技なので、
スピードも出るし、その分、
ケガも多いようです。

 
特に「そり」では、
ブレーキをかけてはいけないんだそう。
ブレーキをかけることが
かえって怪我につながるからですって。


 
ちなみに、スキージャンプは
踏み切り時の速度は100〜80km/h
くらい。

 
もっと速いかと思われたかも
しれませんが、ジャンプは
「踏み切り」が必要ということで、
逆に言うと大きく飛ぶためには、
それだけしっかり
「地面(氷)との摩擦」も必要なんですね。
(それでも十分速すぎるけど…)


 
また今回は、スノボの競技も
とても楽しめましたが、
あの競技も、驚くほど高く飛びますよね。

 
技をしながら降りてきたとき、
壁に叩き付けられるようにして
転んだ選手が何人もいて、
ドキドキハラハラの連続でした。

 
人間って、
命がけで遊ぼうとする、
本当にすごい生き物です!

フレーフレー!オリンピックアスリート!!


 
さくら咲く咲く♪


まだ雪残る東京だけど、


 

川津桜が咲き始めました。





明日から、女子フィギュア
が始まります♪

ちょうど時を同じくして、
私の友人も「ある挑戦」を
行います。

友人にも、選手たちにも、
おもいきり、エールを送りたい!

フレーフレー!!

さくら、咲く咲く♪♪(^0^)


今夜はフィギュア部\(^▽^)/
都心にも大雪警報が発令される中
ですが…

全国のフィギュア部のみなさま
こんばんは!


雪、降っております。


さて、
今夜は、フィギュアスケート男子FP
をテレビ観戦!
幸い、今日は金曜日♪
心置きなく、夜ふかししようでは
ありませんか

…ということで、今夜は
徒然なるままに、ブログを
更新してまいろうと思います。

フィギュアのことに限らず、
いろんなこと、目についたもの、
パソコンから、iPadminiから、
気のおもむくままに
絵や文を載せていきます。

記事は、このあと、
下に、下にと伸びてまいりますよ。

それでは、スタート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓1:40am.のつぶやき)

今日、初めて「リュージュ」という
競技を見ました。

リュージュ…いわゆる「そり」です。

「そり」の団体戦があったんですけど、
国ごとに
「女子の1人乗り
 →男子の1人乗り
 →男子の2人乗り」
のリレーで、
合計のスピードを競っていました。


で、すごくびっくりしたのが
やっぱり二人乗り。


何がびっくりしたって、
やっぱり
人が二人重なっているのと、
上の人の足があまりにも
突き出ていること。

あれは、事故を考えると、
かなり、こわいでしょうね。


滑るコースは、
プールで言うところの、
チューブ型の
長い滑り台みたいな感じ。

「ボブスレー」のトンネル
と同じです。


あれを、ボブスレーのように
「体を丸ごと包むそり」ではなく、
「板みたいなそり」で滑るわけです。


思うに、これは、
きっと、とーっても「そり遊び」
の好きな人たちがいて、
だんだんとスピードを競い合うように
なり、

それが極まって、こうした
オリンピック競技にまで
発展したんだろうなぁ。

人間って、
知力体力への挑戦なのか、
あるいは遊びの延長なのか、
最後は何でも難しくしちゃうんですね。

面白いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓2:20am.のつぶやき)

ついに、
6分間練習が始まった!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓2:50am.のつぶやき)



もう、今晩はこれ以上、
おせんべを食べるのは
やめにしよう。。。


さて、
次はいよいよ、町田くんの
演技!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(3:15am.のつぶやき)


町田くん、ほんとよくがんばった!


スペインのフェルナンデスくん
ラテンの演技、最高(≧▽≦)


そして、ついにきた!
大輔、ファイッ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓5:10amのつぶやき)

えー、前回の更新から
だいぶ時間が経ちましたが、
まだ寝てません。
起きておりますよ。

3:21amに始まった
高橋大輔くんの演技から、
4:16am頃に始まった表彰式と
羽生くんのインタビューまで、
しっかり見て、

今の感想はもちろん、





それにしても…




あの羽生くんが、

あの、パトリック・チャンが…

緊張でジャンプを
何度もしくじるなんて、
普通の世界大会では
ありえません。









(…って、当たり前↑)




でも大輔くんも、町田くんも、
羽生くんも、チャン選手も、
あの尋常ならざる緊張感の中で
よく、立派に戦いぬきましたよ!

一人残らず、みんな、本当に
立派でした!

ありがとう!選手の皆さん!!


いちばん最後に、アメリカの
ジェイソン・ブラウンくんが、
ジャンプの完成度とかを、
最初っから抜きにして、
それはそれは楽しそう〜に、
ショータイムのように
演技を披露してくれたんですが…
これにはめちゃくちゃ和みました。

おまけに
キス&クライでのかわいい笑顔
最高(≧▽≦)


反対に言えば、
それだけ、演技された選手はもちろん、
見る側のほうも、緊張していたと
いうことになります

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
(↓5:40amのつぶやき)

以上

いやはや、
実況も、その他のことも
結局のところ、
たいしたことを
アップすることは全くできずっ(≧▽≦)


反省をいかし、
来週の女子フィギュアのときは、
ブログを更新しようなどとは
考えずに、テレビだけに
かぶりつきたいと思います(爆)

でも、羽生くんの金メダルで
気持ち良く、長い1日を
終わることができました!!
良かった!!


愛しのプル様が腰の激痛で
棄権されたことは、
残念でしたが、彼はちゃんと
団体戦でもSP2位、
FP1位の実績を残し、
フィギュアスケートの王者、
皇帝にふさわしい、
立派な引退だったと思います。


そして、羽生くんについて
聞かれると、こんなお言葉を…

「私は彼のヒーローだったかも
 しれないが、今は彼が私の
 ヒーローになっている」
   (エフゲニー・プルシェンコ)

素晴らしい!!
一流の人じゃなきゃ、
言えない言葉ですよね。


そんなわけで…


そろそろ、お別れのお時間が
近づいてまいりました


現在の東京は、静かな雨
外はまだ暗く、雪
少しずつ溶けていっているようです。



最後の1コマは、
フィギュアの楽しさ、面白さを
私に教えてくれた高橋大輔選手に
捧げます。







追記:羽生ゆずるくんの金メダル表彰式
16日、AM2時7分にNHK総合で
放送されるそうですよ!

ソチ五輪に、王様登場(^0^)ノ
東京の積雪が27cmを超えた
翌日は…



2014-02-09 13.32.15.jpg
東京都知事選挙でしたね。


「ねえ、キミ
 ちゃんと投票した?」


「ちゃんと投票しなきゃ、
 ダメだよ〜ん!」


「な〜に、僕は、
 信じて待ってみるさ…」



フタを開けてみれば、
驚くほど低い投票率でしたが、
(何故だろう…?)


雪だるまの応援隊は、
とてもかわいくて和みました


良い仕事してます

顔って大事ですね〜。



ところで、
ソチオリンピックが
ついに開幕しましたね!

フィギュアスケートの団体戦では、
早速、寝不足になりました。

でも、なんと言っても
嬉しかったのは…



まさかのプル様に、
またお会いできるとは〜!!

31才で4度目のオリンピックにも
関わらず、
素晴らしい4回転ジャンプと
王者の貫禄の演技は健在!


会場全体の雰囲気なのか、
選手の顔ぶれによるものなのか、
どうもバンクーバー五輪のときの
ようなきらびやかさが、
ソチ五輪には
足りないような気がして
いたのですが、

プル様の登場で、
あっという間に
会場の「気」が変わり、
私も目が覚めました


 プル様オリンピック

 オリンピックプル様

 一瞬で会場をとりこにする魅力…

やっぱり王様って、すごい存在感です

そんな中、プル様を上回って
1位の演技をした羽生くんは
もちろん素晴らしかったです!!

でも、プル様がいたら、
試合はますます面白くなる!
みんな、もっと強くなる!

日本人選手も、きっと良い刺激を
もらったのではないでしょうか?

個人戦に向けて、また大きな
楽しみが増えました


(ちなみにプル様とは、ロシアの
 フィギュアスケーター、
 エフゲニー・プルシェンコ選手のこと。

 1)ソルトレイク五輪銀メダリスト
 2)あの荒川静香さんが金メダルを
 穫ったトリノ五輪の男子金メダリスト
 3)真央ちゃんとキムヨナちゃんが
 激しい戦いをした前回バンクーバー五輪
 の銀メダリスト

 そして今回4度目。
 若手をおさえ、たった一人の
 ロシア男子の「代表選手」に
 選ばれ、団体戦ロシアチームを
 金メダルに導きました。

 4回の五輪の間に2回結婚をし、
 今は7歳と1歳の男の子のパパ。

 膝の大きな故障や、出場停止の
 危機を何度も乗り越え、
 金メダルを穫っても、
 燃え尽きることなく
 堂々とした貫禄で、
 競技に挑み続けるその姿は、
 まさに、皇帝!王様!

 負けず嫌いのコメントも有名です。
 
 皆さんもぜひ、チェックしてみて
 ください

残念ながら日本のニュースでは、
プル様の演技は、
全然、放映されません

なので、
やっぱりLIVEで見なくっちゃネ


フィギュア部、個人戦応援も、
がんばりま〜すo(≧▽≦)o

フレーフレー♪日本
フレーフレー♪プル様





雪の日の心象スケッチ2014♪
雪1.jpg




雪2.jpg





雪3.jpg






















行く時につけた足跡が、
たった30分ほどの間に、
こんなに真っ白に。


まだまだ、どんどん降りそうね…








午後5時。


わが家の小さなベランダに
つもった雪でも、雪だるまが
作れるほどになりました。







雪6.jpg





チビ太くん達、お疲れさま♪

茶色の絵が好きで、
描くことも多いので、
チビるのは、
茶系の色鉛筆ばかりです。


反対に減りが遅いのはピンク
ずーっと長いまんまです。
(個人的には好きな色だけど、
 絵ではあまり使わないかも)



…あるとき考えました。

「どうして茶色の絵
 書きたくなるんだろう?」

それは、
おそらく幼少期に住んでいた家の、
押し入れや、柱などの木の色が、
明るい茶色で、

そこにお日さまの光が当たって
キラキラ光っているのを、
家族の膝に抱っこされながら、
幸せな気持ちで、見つめていたから
なんじゃないかと思います。



その後、
あまたの茶色のゴキ○リにも
遭遇しましたが

幸いなことに、茶色と言えば、
ゴキ○リではなく、
チョコレートのほうのイメージで
保たれて今日に至っています

よかった







 
私の瞑想



個人的に、
かなり衝撃的な出来事が
あった日…


家に帰って、
気づいたら、「猛然と」絵を
描いていました。

何枚も何枚も、
いろんな風景や食べ物を
描きました。
(上のソースカツ丼定食の絵も
 そのひとつ)


我ながら意外でしたが、
結局それが、
自分をもっとも落ち着かせ、
ショックを和らげる
最善の方法だったようです。


千々に乱れていた心が、
だんだんと、長い時間かけて
一つに集約されていく中で、

「大丈夫。
 何があっても、私は大丈夫」

そんな安心感も、
一緒に強まってきました。


一体、絵は、いつの間に、
私にとっての
瞑想みたいなものに
なっていたんだろう。


人によっては、
それが「釣り」だったり、
「スポーツ」だったり、
「庭のお手入れ」だったり、
「編み物」や「お料理」だったり、
「文章を綴ること」だったり
するのかな。


そして、
そういう事がひとつでも
あるということは、
とても幸せなことに
間違いありません。





皇居外周では、もう菜の花が
咲いていましたヨ♪ 

春よ来い♪