こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< May 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
鎌倉湘南夕暮れさんぽ






























七里ガ浜.JPG





七里ガ浜_3.JPG




七里ガ浜_4.JPG






七里ガ浜_5.JPG




七里ガ浜_6.JPG












七里ガ浜_19.JPG



七里ガ浜_9.JPG




七里ガ浜_10.JPG






七里ガ浜_12.JPG



七里ガ浜_14.JPG



七里ガ浜_13.JPG






七里ガ浜_15.JPG






七里ガ浜_17.JPG




七里ガ浜_18.JPG




七里ガ浜_11.JPG




七里ガ浜_21.JPG



七里ガ浜_22.JPG











「鎌倉高校前」駅から
私も乗ります


さようなら
鎌倉の海

また来るね








JUGEMテーマ:鎌倉


2番目は男の子♪



キクちゃんちに、
男の子が生まれました

おめでとう〜

エマちゃんもお姉ちゃんに
なりましたヨ


こういうとき、
ヤツは得だなと思うのは、
きっと今、満面の笑みで、
しみじみと幸せを
かみしめているであろう姿が、
自然と浮かんできてしまうところ


きっと
深く深く笑っているんだろうな…
と思うと、
私までジワ〜ッと幸せになってくる


ほんっと、得よネ〜


普段からニコニコして、
明るく、気持ちよく、機嫌よく
生きていることって、
だから、すごく大事


その人の「今」の姿には、
未来の幸せも
みんな入っているんだと思う


よかったね、キクパパ
おめでとう、やよいママ

これから、ますます、
がんばれよ〜





『10分のゴロ寝で10年長生き』!?
illust-hyoushi-iro.jpg

こんばんは!

今日は腸のお話です


最近、トイレで、日常生活で、
こんなお悩みはありませんか?


3.jpg



1.jpg



腸にまつわる、
あ〜んな悩みや…

4.jpg



こんなお悩み…
2.jpg



こちらの本が解決してくれます♪

hyoushi.jpg



はいっ 宣伝ですっ

今回、私さくらは、
こちらの本のイラストを担当
させていただきました



マンガのページもありますヨ





著者の瓜田先生は、
「あさイチ」「ためしてガッテン」
「みんなの家庭の医学」
などでもおなじみの、
東邦大学医療センター
大森病院の教授で、
腸のスペシャリストです

urita-sensei.jpg



おそらくみなさま、
特に気になるのがこの…

hyoushi.jpg

「10分のゴロ寝」って何!?

というところではないかと
思うのですが、


そうなんです

瓜田先生のおっしゃるこの
「ゴロ寝」こそ、
腸が若返る新・健康法



ゴロ寝とは文字どおり、
本当に「ゴロ」寝なのですが

gorone-2.jpg

上記のような、ただ
じっとしているゴロ寝では
ありません


このポーズでゴロンゴロンと…


!?



…続きはぜひ、本を
お手に取ってご覧ください



長生きできる、
健康的な腸のあり方、
毎日の日常の中で
食事や生活習慣の何に
注意したらよいのか?
などがよくわかります♪


illust-hyoushi-iro.jpg

実は私も、イラストを描かせて
いただくまで、

知っているつもりで
間違った常識で、日常生活を
送っていました


なので、瓜田先生のご指摘は
目からウロコの事がとても
多かったのです



そういえば先日も、
NHKスペシャルで
腸の特集があったばかり


なんでも

「腸には『腸内フローラ
 というお花畑があり、

 そこは生活習慣病のみならず
 若帰りや、認知症、糖尿病予防など
 の鍵を握っている」

のだそうです

まさに、瓜田先生の
おっしゃる通り!

本には具体的にどうすればいいのか、
わかりやすく書かれているので
とてもおすすめです



みなさん、ぜひ、この本で
腸の中にイキイキした、
美しいお花畑を作ってくださいネ






JUGEMテーマ:健康
大阪府「こころの再生」



大阪府の道徳教本の中で
2つのおはなしのイラストを
担当させていただきました


「大阪構想」の破れた
このタイミングで
ちょっと紛らわしかったかしら!?

ごめんなさい、他意は
まったくございません
たまたまです


イラストの一部をご紹介しますと


☆感謝する「ありがとうの わ」
のページから




☆ルールやマナーを守る
「ちりがみ ひとつ」
のページから






ちなみに、最初の
「ありがとうの わ」では、
一枚だけ、間違った絵を
納品してしまいました


最初の絵↓

machigai.jpg


どこが間違っているか
わかりますか?


車を運転している方なら
もうお気づきですよね?

そう、左ハンドルになって
しまっていたのです
キャ〜


さいわい
制作の途中で編集者さんが
気付いてくださり、
修正することになりました



作り直しは2パターン制作


illust_2-1shusei.jpg



illust_2-2shusei.jpg

スペース的に使いやすいほうを
採用してくださいということで、
あとは編集者さんにお任せと
なりました






ミスをしないよう
気をつけてはいるのですが、
ときどきこういうことも
起こりうるので、
やはり編集者さんの存在は
とてもありがたいです




大阪「都」には
ならなかったけど…

「こころ」は大切



大阪府のみなさん、
もしお子様が道徳の授業で
お使いになることがあったら、
ちらっと覗いてみてくださいネ




JUGEMテーマ:大阪
笹だんご、ぱくり♪



お世話になっている
ライターさんが、
山形からの取材の帰りに、
わざわざ新潟で降りて
名物の笹だんごを買ってきて
くださいました


お餅のよもぎは、
びっくりするほど青緑色で、
笹の色よりずっと濃い



笹を開けるのももどかしく、
ガシガシと開いていくと、
中から美味しいあんこが
顔を出しました



あ〜っ
早くぱくっといきたいっ










うふっ、シアワセ♪

この素朴さが
いいのよね


久しぶりの日本の
「ふるさとおやつ」美味しく
いただきました




街の緑も元気いっぱい

良い季節ですね〜



JUGEMテーマ:今日の*おいしい*
はっくラストピーク

テレビでは
スギ・ヒノキの「花粉情報」は
とっくに流れなくなって、
今は「紫外線情報」が真っ盛り


でも…


私には今が
くしゃみの最後のピーク時期
なんです


この時期にくしゃみを
している人は意外と多いんですよ


ほら、ここでも、
あそこでも、向こうでも…


原因は
「黄砂とPM2.5」ではないか
と言われています


最初のうちは
「なぜこの時期に?」
と思っていたんですが

3年、4年同じことを
繰り返すと、
さすがに覚えますネ



もっとも、ここまでくれば
長かった鼻炎の季節も
あと10日くらいの辛抱


がんばるノダ






街ではマロニエが
風に揺れていました♪



JUGEMテーマ:日常

イラストホームページへは
画像↑をクリックでジャンプ♪


本棚の中のパラレルワールド


本棚にある本というのは、
自分がお金を出して買った
本の中でも
「これは手許に置いておくべし!」
と決めた本


ということは、
そこには、人によって
かなり濃い個性が
出てくるはず…!?




そういえば以前、私の朋友で、
小学校の先生をしている友人の
書棚を見せてもらったとき、
すごく驚きました


教育書や、子供の心に
真摯に向き合うための本が
ずら〜〜〜っと並んでいて、


普段、私といるときは
何でもない話で盛り上がり、
笑ってばかりいる朋友の奥深さを
あらためて知り、


「やっぱり、小学校で
 こういう先生に出会えたら、
 子供の未来は全然
 違ってくるよなあ…

 ああ、本当に良い先生なんだな」

としみじみ感心したもんです


そんな友人の口癖は

「小さいときに、子供たちの心に
 いっぱいいっぱい宝物を
 入れてあげたい!」


ステキでしょ?




皆さんの本棚には、
どんな本がありますか?





私の場合は




一番良い位置に置いているのは、
まず、幼い頃に夢中になって
何度も読んだ本です

もうボロボロだけど、
ときどき戻りたくなる、
原点みたいなものですね





次に、第二の位置で、
いちばん大きなスペースを
占めているのは


「眺めて読む本」


つまりイラストレーターを
生業としている私にとっての
「絵心」を刺激してくれる本たち
です


挿絵、絵本、雑貨、森林系、
江戸城、図説、図鑑…



これが
ものすごくたくさんあります



これらは
「何故かあまり
 頭には残らないんだけど」

時々見たくなり、
見ると
パアッと視野が広がり、
心に灯がともるものです


…ん?
「頭にはあまり残らない」??


そうなんですよね


「眺めて読む本」を
たくさん本棚に
しまいこんでいるくせに


具体的には、
どんな書名のどんな内容の本が
そこに入っているのかは、
普段全く忘れて生活しています



で、ときどき、ふと思いついて、
本棚の中を探索する


すると…


まるで大好きな本ばかり
置いてある本屋さんに
足を踏み入れたような、
新鮮な気持ちで本に
向き合えるのです




…こうしてみると
本棚っていわゆる
パラレルワールドなんだなぁ


自分が選んだ世界なのに
普段は全く忘れている


忘れているんだけど、
平行して存在していて


思い出したらいつでも
ワクワクしながら探検できる
不思議な世界



そして
そのパラレルワールドは


少しずつ、少しずつ
膨張を続けてゆきます



そこらへんは宇宙の
膨張説と同じですネ!?



アア、シアワセナリ



人生にそっと寄り添ってくれる
パラレルワールド


一冊一冊に
折り畳まれた世界は、
とても深くてあたたかい…



だから、本ってやっぱり
大事な友達ですよね






イラストホームページへは
画像↑をクリックでジャンプ♪