こんにちは。絵と文のイラストレーター、「さくらみ(さくらみゆき)」です。
こちらでは、イラスト制作風景や、日常の中のやさしい時間、
心躍るひとときを、イラストでお伝えしていきます。
<< April 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
さわやかな緑と風の中で…


さわやかな陽気
おてんきの日が
多くなってきましたね!



大好きなプラタナスの木も元気♪


そんな中で、私は…







 ↓こちらです。


sakuramiyuki.hatenablog.com


くしゃみに負けず、ガッツだぜ
パンチ

 

JUGEMテーマ:東京散歩
皇居、八重桜のぼんぼりと…

八重桜_11.JPG

少し前まで、
あれほど花見で賑わっていた
皇居半蔵門の「千鳥ヶ淵公園」は…





八重桜_6.JPG









八重桜_7.JPG

ソメイヨシノが散ると共に、

今は静かに、人のいない時間

を過ごしています









そこに満開で咲いているのは


八重桜_1.JPG







八重桜_3.JPG

八重桜









八重桜_5.JPG
ほぅっと、ため息が出るような、

やわらかい時間が流れて…







八重桜_4.JPG

まさに桃源郷のよう





八重桜_18.JPG

カラスノエンドウも花盛り





八重桜_19.JPG

スズランのようなアセビも





八重桜_20.JPG

白と黄色の菜の花も…





八重桜_15.JPG
松だって、こんなに元気!





ほら、あっちでも
八重桜_16.JPG





こっちでも…
八重桜_17.JPG
ツノを青空にピンと立てて、
受粉しようとしています♪



八重桜_13.JPG
ちなみに、
天に向かって突き出ているのはメスの花







オスは下のほうにいるこちらです
八重桜_14.JPG







この時期は、もみじもかわいい赤い花を
たくさんつけているのよネ

八重桜_21.JPG





そして、今年も、八重桜の回廊が…




































八重桜_28.JPG







八重桜_30.JPG


こんなに激しく咲かなくても…と

思うくらい、



切ないほど半狂乱なのは、



花が今、

恋の時期を迎えているから
















八重桜_35.JPG











八重桜_32.JPG











八重桜_34.JPG
















人がいないのに、花だけが

咲いている、

美しくも不思議な光景の中で



私は、

亡くなった母や、父や祖母のこと、

早逝してしまった友人のことを

思い出していました




八重桜_37.JPG







そして、もうひとつ







八重桜_42.JPG













八重桜_41.JPG







早く余震がおさまって、



熊本、大分、ならびに九州の皆さまが、

安心して復興に向かえる日が
やってきますように…








八重桜_39.JPG


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

迷いましたが、気持ちを切り替えて、


これはこれで、私の仕事ということで
しっかりお知らせします。


東京江戸博物館の、第1話、更新しました!

こちら↓です。

sakuramiyuki.hatenablog.com





 

 
JUGEMテーマ:東京散歩
 

利休さんと、花と、葛藤の日々♪
 4gatu_1.JPG

桜の季節が去ってゆくのと同時に…


 4gatu_2.JPG

他の花が次々と満開を迎えてゆきます



 4gatu.JPG

いちょうも
赤ちゃんのようなかわいい葉っぱが
いっぱい出てきたヨ



お茶の先生の御宅に伺うと、
すでにもみじの葉っぱが
こんなにいっぱい!



 4gatu_4.JPG




 4gatu_3.JPG
フサフサ〜!



 4gatu_5.JPG


路地に入ると
遅咲きの椿が一輪
にっこりお出迎え


お茶室には


 4gatu_6.JPG


利休さんの命日
(旧暦の2月28日)ということで、
利休像のお軸がかかっていました。


 4gatu_7.JPG


菜の花と、ろうそくと…

そしてお献茶が上がり、


とても神妙な気持ちになりました。


 4gatu_8.JPG


ふう…


美しいですね。



どこを切り取っても

ほんとうに美しいです。

心の入ったお茶室は。


利休さんもきっと、

ゆっくりとお茶を
召し上がられたことでしょう。





 4gatu_9.JPG


さて、

私のほうは、仕事のスキ間に、
とても長い時間をかけて、
やっと「東京イラスト&ルポ」
の記事がひとつ、出来上がりました。


これからこれを、ウェブ用に
カスタマイズしていきます。

出来上がったら、
はてなブログのほうにアップするので、
またお知らせしますね。


これらは、
誰にも求められていないのに、
勝手に、個人的に、
作っている記事です。


「勝手に」と言いつつも、

どうしても凝ってしまうため、
作り込むには時間もかかり、


結局、
日々のブログ(こっちのブログ)も、
新しく作ったほうのブログも、
両方とも更新が滞ってしまい、

なぜこれをやるのか?と
葛藤が激しくて、大変でした。


家の中のことも、
おろそかになってしまうし、

常に、何かに追われているような
気持ちになるし、

人とゆっくり話したり、
遊んだりする心の余裕も生まれないし、

桜もあんまり、見ていない。



それでもやるの?

誰にも必要とされていないのに?

はっきりした目標があるわけでも
ないのに?

…勝手に始めて、
勝手に葛藤するワタシ。


でも、結局、絵描きって
こういうことなのかもしれないなと
思ったんですよね。


制作時間を積み重ねることでしか、
どうしても見えてこない答えがあると、
葛藤の末に。


 4gatu_9.JPG


漫画家の萩尾望都さんも、
昼の12時から夜中の3時まで、毎日
ずーっと漫画を描いていらっしゃると
言っておられたしなあ。


あと、思い出すのは、
「アーティストのためのハンドブック
 制作につきまとう不安との付き合い方」
(フィルムアート)
という本に書いてあったこの言葉です。


「作品制作は難しい作業です。

 どうしたら作品は完成するのか?
 なぜ作品はたいていの場合、
 完成しないのか?

 作品を作り始めた人の多くが
 途中で投げ出したくなるような、
 制作の本質的な難しさとは何なのか?

 アーティストの生活が
 ままならないのは、その進捗が
 遅いからではなく、
 速いはずだと想像しているから
 なのです。

 しかし、遅かれ早かれ、そう
 簡単に作業はこなせないという地点
 に到達することは避けられません。
 それはまさに、あなたの恐れたこと
 です。
 
 けれども、あなたに才能が
 あろうと無かろうと、
 あなたに今日できることは目の前に
 あることだけです。

 よくない作品をたくさん生み出すこと
 によって、よい作品が生まれます。
 これをフィードバックと呼びます。
 これは自分の最短ルートであり、
 まさにこれが自分の作品を制作する
 ということなのです」

 

booklog.jp


結局、なんでも、
自分が納得できるところまで
やるしかないんですよね、精一杯。


そういえば、誰かが言ってましたっけ。
人生が矛盾だらけだったら、
それこそ、人生が
うまくいっている証拠だと。

あまりの矛盾だらけに
我ながら笑っちゃいますが、

笑いながら、ちょっとずつ
進んでいきます♪